「40代から転職・再就職」を3回成功させた実体験(だれでも分かる極意)

「もう40代だから・・」と、転職・再就職を諦めていませんか?

はじめまして。当ブログ管理人のダンディと申します。

私は40歳になった年に長年勤務したスーパーからリストラ。住宅ローンと妻子を抱えたまま無職になりました。

 

その後は何とか仕事にこぎつけるも、仕事が合わずさらに2回転職を重ねるなど、もう将来不安でストレスMAX・・。

しかしここで気づいて欲しいことがあります。

それは「40代に再就職は厳しい」と言われがちな中、特別なスキル・資格もない私がなぜ立て続けに再就職できたのか

 

これは後述しますが、一般的な40代転職のイメージと、実際に起こる転職現場には大きなイメージの乖離があることを知れたから。

だからこそ40代の方には「転職のコツ」を知って欲しいですし、何より諦めないで欲しい。

私自身が40代からどのように転職をした流れを、1ページで分かるようまとめてみました。

40代転職に成功する秘訣は3つ

私の実体験から言える転職成功の秘訣は以下3つです。きわめてシンプルな話。

  1. 「40代=転職不利」という一般常識を捨てる
  2. 履歴書や職務経歴書は”40代だから"こそ書ける内容がある
  3. 納得して入社できる求人の見分け方を知る

箇条書きにしただけなので、詳細を説明させて頂きます。

① 「40代=転職不利」という一般常識を捨てる

まず転職のためのマインドをしっかり持つことです。失礼ながら40代にもなると、一般常識が頭から離れない方が多いです。

「40代になると転職は不利」という考え方もまさにコレ。

しかし、私を含めて実際に転職をしている40代は当たり前にいます。特別にスキルや資格能力があるわけでも無いのに。

 

これは単純に「40代でも転職・再就職をしている人はふつうにいるんだ」ということを知っているかいないかだけの差でした。

事実レベル、このブログの読者さんは私が転職を繰り返した記事を読まれています。

また「40代だから転職できない」となれれば、社会はとっくに大混乱になっていますよね。

そう考えると「40代で転職ができない」なんて話をしている方が、常識の無い考えだと思いませんか?

「40代も転職できる」と信じること。それがスタートです。

 

②  履歴書や職務経歴書は”40代”だからこそ書ける内容に

思い返せば、履歴書や職務経歴書をきちんと正すまでは不採用が続いて苦しんでいました。

20~30代の若者ではなく、40代としての書き方が必要だと知らずに・・

端的にまとめるなら

これらの法則に従って書くことが、40代転職をバッチリ決める道に繋がります。

40代にもなると、「安定した書き方」や「社会を知る物言い」が求められるんですね。私もこれは教わらなければ出来ない事でした。

 

「たかが応募書類」と思わず、書類次第で合否が決まる一発試験に挑むつもりで書いてみて下さい。

私のブログ内にも書き方をサンプリングしているのでどうぞ。

 

③ 「納得して入社」できる求人の見分け方を知る

最後は、「納得して入社」できる求人を見つけることです。

お恥ずかしながら40代であるにも関わらず私自身は3回も転職してしまいました。

 

再就職できるコツを知って就職しても、辞めてしまうと意味がありません。

こんなトラブルが起こるのも、行き当たりばったりな就活をしてしまったからと反省しています。

 

「採用されればそれでいい」という感覚が、40代になると起こってしまうんですね。

もちろん年齢による焦りなので私も体験しています。

 

しかしながら、「選ぶ」というポジションは持っていた方がいいです。

「求人を見て納得して入社なんて・・」と下手に出る方が間違い。

 

納得できる会社なんて見分けられないという人もいますが、それはしっかりした転職エージェントを頼れば問題ないです。

プロのアドバイザーを頼れば、応募したい企業の内部事情なども教えてくれますし、話だけ聞くことも可能。

頭を使うポイントなので、40代転職をサポートしてくれる環境に身を置くことを考えるべきと言えます。

 

私が実際に使ってよかった転職エージェントはDODA

上記3つのコツを読んで頂ければ、あとは行動あるのみです。

そこでオススメなのは、私自身もお世話になった転職エージェントDODA。

 

キャリアアドバイザーが優秀で、私が40代転職に必要だと思っていることを網羅しています。

実際に使った口コミとしては

「40代」という年齢制限に強い

アドバイザー直伝で応募書類の作成をサポートしてくれる

企業とやり取りを重ねたアドバイザーだからこそ知っているウラ話がある

 

まず、「40代だから」という理由で邪険にされることがありません。

むしろ年齢制限に強いのがDODAの特色。50代の求人も多いですからね。

 

アドバイザーは求職者はもちろん、企業ともやり取りも重ねています。

そのため、「こういう傾向の人が採用される」とか「こういう質問を面接でされる」など情報が豊富。

応募書類を作成する段階から、面接が終わるまでの攻略ナビゲート的な役割を果たしてくれるわけです。

 

今の私が就職している職場もDODA経由で見つけた営業職。

スーパー勤務時代に培った対面でのやり取りを活かせる仕事として、受かる見込みを教えてもらい応募しました。

完全に畑違いかなと思うも、会社の特色に始まり採用される人材のウラ話などを聞けて上手く就職決定。

 

このように40代の私とはいえ、諦めなければふつうに採用が決まっています。

これらを読んで、「こんな感じなら同じ40代のじぶんも上手くいきそう」と思えたら勝ち

転職も最後は行動力がモノを言い「100人いても1人しか動かない」のが社会の仕組み。

 

私も「人生このままで良いのか・・」とモヤモヤした時間が長かったですが、今にして思えば行動しておいたことで後悔の無い人生を送れていると思っています。

転職に悩む方は、そういう意味でもまずはDODAに登録されてみてはいかがでしょうか。

登録後に見れる非公開求人を知ると、前向きな気持ちが出てきて人生に刺激が出ますからね。

私が今の仕事に就いた求人サイト→DODA


40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.