40代の転職コラム

40代からの資格取得はキケン!本当に必要な資格か知る方法3つ

更新日:

40代が転職を有利にするために資格取得するのはキケン」という話をします。

40代で転職を考えると、少しでも有利に就活をしたいと考えますよね。その中で、資格取得を目指す方もいるはずです。

私も、無資格・未経験の業種に応募してきたので何もないよりはあった方がマシと考えるタイプでした。

 

しかし、20~30代ならまだしも40代くらいになると「資格取得が必ずしも良い」とは限らないんですね。巷では40代からの就職は厳しいから、資格で優位に立とうなんて宣伝を見たりしますが・・。

でも、40代まで働かれた方ならお分かり頂けるかと思いますが、本当に就職に役立つ資格は世の中にはそんなに無いんですよ。たとえば取得はしたけど役に立たなかったという資格を誰もが1つは持っているように

では、どのように考えれば「本当に必要な資格」と判断できるのかを書いてみます。

40代への資格取得は、資格ビジネスが関わっていることも多い

実は私自身、40代から転職を繰り返す中で資格取得を考えた時期がありました。ちょうど44歳のころ仕事が決まらなくて焦っていた時期でした。

妻は資格を持っていない私に、「資格くらいはないと転職できないんじゃない?」と取得を勧めてきます。

 

私もそれを聞くと、「資格もない44歳のオッサンが雇われるわけがない」と思ってしまうんですね。雑誌やチラシを見ていると、「40代から取得すべき資格」が特集されていたり。

でも、そういった物に目を通していると気づきます。「あれ?けっこう資格取得って勧められてるけど、種類が多すぎてわからなくなるな・・」と。

 

そうです。これらはまさに資格ビジネスという商売だったわけです。

40代で仕事が見つからずに不安になっている私のような人に「資格を取って採用されよう」というメッセージが込められていたということ。資格がない不安を、取得で埋めてしまおうという話はよくあります。

 

もしも、本当に役立つ資格なら良いのですが、「資格取得すれば安心」という不安を和らげるだけのためのものも多く紹介されていたりするのは現実的に起こっています。

資格ビジネスにハマらないためにも、本当に必要な資格の特徴を以下3つでチェックしてみてください。

 

①    その資格がないと入職できないなら取得すべき

当然ではありますが、取得しないと働けない仕事を目指す場合は取ってしまうべきです。たとえば、カウンセラーになろうとする人が無資格だと不自然ですよね。

もちろん、相談員になるには特別な資格がなくてもできる職場もありますが・・。

雇い主が「最低でも○○カウンセラーの資格は必要です」というなら取得はすべきです。必須条件に合わせるなら、ムダになることはありません

 

②    取得資格を軸に、さらに積み重ねることができる資格は便利

役立つ資格の中でも、積み重ねていける資格となれば便利です。私の母親は50代で介護職に就いていたのですが、当時は「ヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)」の取得から始めていました。

介護業界は、ヘルパー資格などを軸にしてその後に「介護福祉士」を目指すなどの道があります。こういった積みあがっていく資格は便利で、取りっぱなしにならない便利さが魅力です。

積み重なるということは、本当に必要である資格の証拠とも言えますから。使い捨て資格に気を付けましょう。

 

③    短期間で取得できる

また資格取得までに時間をかけない物が良いです。というより、40代から資格取得する段階で時間を要するものは選びにくいはず。私のように妻に急かされていれば尚更・・(苦笑)

長期にかけて取得しても、それが役立たなかった場合に備えてなるべく短期で取れる方がリスク分散にもなります。これも母親を見ていて思ったのですが、取得までの期間を選べるものがいいでしょう。

数週間で取得するコースもあれば、数か月に渡って通うコースが用意されているなどライフスタイルで変わってきますから。時間を無駄にしないためにも、なるべく短期間を目指すことをオススメします

 

40代は、資格にも勝る「経験」で戦う道もある

これら本当に必要な資格の条件を満たせていれば、転職のために取得する道もあります。しかし、40代くらいになると一定の仕事経験は積まれているはずなので「資格が絶対必要か」というとビミョウです。

私は今、営業関係の仕事をしていますが、周りにいる20代のころから働いている人たちは確かに資格を持っています。ただ、私の場合は44歳から始めたこともあり資格までは持っていません。

 

でも、それまでに培ってきた別職種での経験がカバーしてくれており、資格無しでも働けているわけです。ある意味、「資格を持たねば転職できない」というマインドに陥らずに助かっています

資格に頼りたくなる気持ちはわかりますが、40代まで社会でやってきた経験を活かす術があることを考えるのも大事ですね。

 

仮に何をやるにも無資格で困っている人がいるなら、転職エージェントに相談してみることをオススメしておきます。

私で言うとDODAに相談してアドバイザーさんと仕事を決められたので。過去の経験を聞いてもらうなどすれば、無資格でも始められる仕事を教えてもらえます

一人で抱え込んで一歩も動けなくなるより、少しでも相談したり誰かに話すことで40代転職は成功に進みますから。応援しております。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代の転職コラム
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.