40代の転職をラクにする思考法

過去の経歴が40代転職の成功を奪う【経験があるのに就活失敗の罠】

更新日:

働いてきた経歴に固執し過ぎると就活に失敗する」という話をします。

私は、40歳で勤めていたスーパーが倒産して強制離職となりました。40歳という年齢で職を無くしたので、慌てて仕事を探しましたが見つからない日々。

 

短期間で10数社を受けましたが、どれもこれも失敗の連続が続いていました。しかし、今になって反省するのは明らかな就活失敗パターンにのめり込んでいたことです

それは、「過去の経歴を存分に活かそうとした」ということ。今、ここを読まれている40代転職希望者の方にも「経歴を活かさねば」と思っている方はいらっしゃるはず。

 

もちろん経歴を活用することは大事ですが、どのような経歴の使い方から成功・失敗の分かれ道になるのか。私の失敗を踏まえて、考えをまとめてみました。

私が陥った、経歴を活かそうとし過ぎる就活法

過去の経歴は、40代にもなると強固な経験となっているのがふつうです。そのため、転職する際には「経歴を活かさないといけない」という考えが知らず知らずのうちにインプットされるようになるんですね。

私の場合は、「スーパーで働いたのだからスーパーか、スーパーに携わる仕事が有利である」と盲目的に仕事探しの基準になっていました

 

もちろん、経験は活かせるに越したことはないので間違いはありません。

ただし、この「活かそうとする意識」が強すぎると視野が狭くなるデメリットが起こります。性格にもよりますが、大半の人は「せっかく手にしたものを捨てるのは勿体ない」と考えますよね。

 

それゆえに、私の場合は「スーパー関係」に絞り続けて職を探し続けました。スーパーの仕事は常に求人も出されており、新卒でも採用しているので一見すると再就職も軽く決まりそうに思えたのですが・・。

時期的に中途採用が無かったこと、募集していても若手を取る前提でしか求人されていないなど不都合が起こってしまったのです。

 

これが、私の就活失敗でもあるのですが・・。けっきょく、スーパーに固執してしがみついた影響でブラック企業のスーパーに就職。10か月で辞めなければいけない道を辿ってしまうことになりました・・。

(参照:焦った就活失敗談)

 

経験をフルに活かせなくとも、道はいくらでもある

けっきょく、その後はマーケティングや営業に進んでいるのですが、今にして思えば「なんであんなに過去の経験に固執してしまったのか」ということなんですね。

特に40代で転職をしようとするなら、あれこれと条件を付けてしまうと道が狭まるだけ。そういった中で、希望就職先を「スーパー・スーパーと取引がある会社」という枠から広げた途端に、就職成功が見えるようになりました。

 

妻からは「どこでもいいから就職して」と言われますが、男として変にこだわったことが採用を遅らせてしまったと反省しています。というか、妻にあれこれ言われてしまうとムキになるものです(苦笑)

マーケティングも営業も、フルに経験が活きる仕事ではないので最初は憂鬱でした。積み上げたものを全部捨てなければいけないような感覚にもなったからです・・。

 

しかし、その時に経験がフルに活かせる仕事ばかりを追うと、私のようにちょっとしたところで融通がなくなり、自らを追い込むことにもなりかねないんですね

客観的に見れば「そこまでスーパーに固執するエネルギーがあるなら、未経験でも新しい仕事にエネルギーを注いだ方が良いのでは」と思われるでしょう。

 

まさに、その通りで「道はいくらでもある」という気持ちの切り替えも、時には必要だと今になれば思えるのです。40代は積み上げたものが大きく、「はいそうですか」と言えないのも難しいところですよね

 

転職エージェントで相談すれば、「経験を活かさねば」の縛りを緩和してもらえる

私の場合、今は転職エージェントで紹介された営業をやっています。これについては、エージェントで「相談しなければ見つからなかった仕事である」とも実感しています。

転職には「成功と失敗」がありますが、何も前職の経歴を使い込めるだけが成功とは思わないんですね。むしろ、新しい仕事に取り組めたり、じぶんの想像もしなかった世界に足を踏み入れることができるのも成功だと感じています。

 

私は、再三に述べているスーパーへの固執だった話が、相談を通す中で「営業という道もある」と考えられたのが成功につながったと言えます。不安はあれど、40代でも新しい事ができるのは楽しみもありますから

もし、「スーパー」に縛られた就職観しかなければ、転職期を逃して中年フリーターだったかもと考えるほど、あの頃は危なかったと思いますね。

 

求人サイトで仕事が見つからない時に、エージェントで相談したことで「予定の範囲外」の仕事を紹介されたことが大きかったと今では感謝です。

中途半端に経験があることで、就活の罠に落ちないよう困ったなら相談されてみることをオススメします。

 

私はDODAという転職エージェントに今の仕事を紹介されましたが、親切丁寧で紹介される仕事も豊富です。気になる方は登録してお話されてみるといいですよ。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代の転職をラクにする思考法
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.