40代の転職をラクにする思考法

40代男性も「未経験の仕事」に転職できる【不利も有利になる方法】

更新日:

40代男性でも未経験の仕事への転職が不利にならない」という話をします。

私が40歳で仕事を失った時に、求人票を見ていると「未経験者OK」と書かれた仕事を多く見てきました。この時、「さすがに未経験OKでも40代は関係ないだろう」と思った物。

 

実際に、「若い20~30代だけが転職は有利になる」と考えていたからです。そのため、40代なら過去の経験に沿った仕事を探さないと不利だと言わんばかりに、経歴を活かせる仕事を探しました。

しかし、今にして思えば「不利になる」という考えは諦めの思考。就活法を駆使すれば、不利が有利に変わることを知らなければいけません。

 

40代男性が、正社員として未経験からでも有利に転職する方法を経験からまとめてみました。

40代男性に「未経験の仕事」はさせてもらえないと考えない

先に言っておくと、「40代になると未経験の仕事はさせてもらえない」と考えないことが必要です。確かに、「40代未経験OK」と聞いても現実味を感じないこともあります。

職種によっては同じ40代でも、「女性に向けられた未経験OK」ということもあるからです。パート主婦などは最たる例。

 

ですが、ちゃんと男性も40代から未経験・初心者から始められる仕事はあります。思い込みを捨て、以下3つの「私が転職する中で気づいたこと」を実践してみて下さい。

 

①20代と違い、40代は「すぐ辞めるイメージ」で面接を受けずに済む

「40代に入ると、まともに企業に取り合ってもらえない」という人が時々いますが、そんなことはありません。おそらく、ただ対応の悪い企業に当たっただけかと。

なぜなら、40代の強みとして「すぐに辞めるイメージ」は持たれないからです。家族のことを考えたり、老後を見据えると20代の若者のように辞める選択が取りづらい。

 

こういったことを、企業側も分かった前提で面接をしてくれます。私自身、書類選考で落とされることはあっても、面接に行けば内容のある話はしてもらえましたから。(もちろん不採用にもなりますが・・笑)

イメージは重要で、「この人材は辞めそうにない」という目で見られながら面接が受けられるのは有利以外の何物でもありません。40代らしいイメージで挑むべき。

 

②社会全体が「未経験からの雇用」を考える方向に進んでいる

社会の流れでもあるのですが、今は雇用が流動的になっています。そのため、余程の大企業でも無ければ人材獲得に必死なんですね。

私が40代に入って就活していた時も「未経験からでも正社員の雇用は増えている」と、派遣会社やエージェントの方に教えてもらっています

 

実際、「専門的な仕事」でさえも未経験者からの募集はよく見かけますよね。社会的にも人材が足りない場所が増えており、未経験が当たり前の業界すらあるほどですから当然とも言える風景。

企業側も「経験者」で募集しても、実際は上手く集まらないことが分かっているからです。40代といえど、男性ならまだまだ働き盛り。年齢的に不利だと動かないのは損ですよ。

 

③若手と違い、40代は働き方のノウハウは学んでいる(成長しやすい)

また、若手と中年は働き方のノウハウの有無でも差ができます。私の場合、44歳で全く未経験の仕事(営業マン)に就いたのですが、年齢が有利になったと思う点がありました。

それは面接でのこと。

 

「ダンディさんは未経験からの仕事になりますが、どのように仕事を覚えていこうとお考えでしょうか?」

こう面接官に聞かれました。若い人なら「先輩の指示をしっかり受け止め・・」とか「まずは基礎をしっかり固められるよう気をつけたい・・」と言ってしまうと思います。

 

ですが、私は次のように答えています。

「分からないことだらけではありますが、先輩方の仕事を見て盗み、質問は最小限に抑えてパフォーマンスを発揮できるよう頑張ります。今はネットもあるため、営業が未経験でも一定のノウハウは調べて理解していくことが可能だと思います」

まるごとは覚えてないですが、こういった雰囲気のことを伝えています。つまり、じぶんで勉強して周りに迷惑をかけないように仕事を覚えられると主張しています。

 

若手の頃は、先輩や上司に聞きながら仕事をする「受け身」なところが出がち。それらは、40代まで社会経験を積んだだけでも働き方が変わります。これは、勝手に成長してくれる意味合いも含むので、採用側は便利に思うわけですね

自主的に覚えていく仕事術を、40代という年齢だからこそ培えていることをアピールする。これは大きな採用の決め手になるので使ってみて下さい。

 

あとは、「40代の求職者が多く集まるところ」に絞って応募していけば問題ありません。私の知る限り、40代未経験者に強い求人は「DODA」です。

私も今の仕事に就職できた求人サイトとして紹介している会社。

 

公開求人だけでも「40代活躍案件」は見られますが、不安があるなら登録してエージェント相談を活用するのも手。(私はエージェントさんに紹介されて就職を決めました)

非公開求人も豊富なため、40代から不利にならない求人をお探しの方は、DODAを1度はチェックされてみることをオススメします。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代の転職をラクにする思考法
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.