40代のおすすめ転職法

失礼ですが「転職失敗」が続く40代は同じ場所で仕事探してません?

更新日:

40代で転職失敗が続く人は、同じ場所での就活にこだわるな」という話をします。

つい先日、私が以前勤めていたスーパー(すぐ辞めたけど)の同僚から、「転職先を探しているけど決まらない」と連絡がありました。ちなみに、私と同じ40代の男性です。

 

彼もブラック職の強いスーパー経営に嫌気がさして辞めたようで、すぐさま仕事探しを始めたとのこと。だけど、上手い具合に仕事先が決まらず私に相談してきたというわけです。

話を聞くと、かれこれ20社近く不採用が続いているらしく、どうも企業側に相手にされていない様子。ですが、私は彼の話を聞いていて「これは失敗が続いて当然だ」と失礼ながら思いました。

 

その理由は、「”同じ場所”で仕事を探し続けていたから」です。同じ40代のオッサンということもあり、見過ごせないので彼に伝えたポイントをまとめてみます。

転職するための求人サービスは、40代になると「相性の見極め」が重要

彼の場合は、ハローワークを使って仕事を探していたのですが、全く採用されない状態で20社近く回ったと言います。これ、私と同じことを繰り返して失敗しているのが分かりました。

ハローワークに限らないのですが、「まだ決まらない」と思いつつ連続で不採用が起こっていたら求人サービスは変えた方が良いんですよ。40代という年齢の性質上、若手とは違うんです。

 

元同僚がどういうところに応募したかは分かりませんが、ハローワーク求人は基本的に誰もが知った求人サービスです。20代の若者から50代のリストラされた人まで男女問わず集まりますよね。

そこで考えた時に、「果たして40代のじぶんは、この場で有利に扱われるだろうか?」と考える必要があります。私はこれを考えず、就活していたことがありました。

 

そしてハローワークは求人サービスでは断トツに知名度が高いので、必然的に若者と競争しなくちゃいけないわけです。

ここを私は見落としており、引く手あまたの若者と無差別級の争いを繰り返していました・・。こんなになってくると、もはや相性が悪すぎて場所を変えないといけません

 

別にハロワで採用される傾向があったり、良いところまで面接で進めているなら続ければいいんです。だけど、上手く行かない流れが出来ているなら別の求人サービスの検討が必要ということです。

 

求人サイトは、お手軽に採用できる人材ではなく社会経験のある人が好まれる

そこで私が移動したのは、経歴として書いていますがDODAでした。リクナビになると一転します。リクナビは、企業が広告費を払ってでも社会経験を積んだ人を採用したい。

つまり、ハロワよりも絞り込まれたターゲットを見つめているわけです。これによって、40代だったとしても「社会経験はある」と見込まれて私はマーケティング会社に未経験でも転職できた経験があります。

 

「仕事を探す」と考えた時に、就活ノウハウ無しの若者ならハロワを目指して当然です。より知名度の高い場所で、仕事を探したくなるのは誰だって同じ。

そう考えると、40代の私は「社会的経験もあり応募だけすればいいリクナビ」を選ぶというのも、一つの探し方だと気づきました。

 

もちろん、誰もかれもがリクナビに変えれば良いと言っているわけではありません。ハロワでもリクナビでも、同じ場所に固執して採用が決まらない場合、「どこか就活のやり方が変だ」と気づく必要があるのです。

 

元同僚も、この点が頭から抜けており「仕事ならハローワークだ!」と安易に考えて、私と同じ失敗をしていたようです。

もちろん、経験や能力は人によって異なるのでハローワークと相性の良い40代もたくさんいます。どの求人サービスを使っても良いのですが、上手く行かない時ほど立ち止まって振り返ることをするべきですよ

 

40代にオススメの求人サービスは、「リクナビ」×「DODA」である

以上の話から、同じところに停滞してしまうリスクはお分かりになられたかと思います。

そこで私が元同僚にオススメした就活方法は、「リクナビNEXT 」を使うか、「DODA」で相談するかを選ぶ方法でした。

 

  • リクナビを選んだ理由は、"ネットのハロワ"と言われるほど伝統があり多くの求人から選べるからです。ハロワ同様にマイペースで仕事を探せる点も強いですね。
  • DODAを選んだ理由は、個別コンサルタントと相談しながら最適化された就労までの流れを作ってもらえる点です。相談が必要な時はこちらという具合。

 

私のオススメは、今の仕事を紹介してくれたDODAですが、読者の方だと地方住まいの事情などで相談できない方もいるはず。その場合はリクナビをオススメします。

 

つまり、同じ場所で探さなくて済む方法として、ハロワというリアル職安だけに絞らず、別の就活ルートを確保すること。上記のサイトは私のお勧めなので、これは読者の方が決めている求人サービスがあればそちらでもいいです。

ひとまずは、同じ場所でこだわって採用されないなら、とにかく場所を変えて流れを変えろ!これが40代というオッサン世代の転職失敗を減らすリクルート活動になります。

オススメ求人の詳細は下にありますので、興味があれば目を通されてみて下さい。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代のおすすめ転職法
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.