40代のスムーズな退職法

私が使ったプチウソな退職理由【40代なのに2回もこれで辞めた】

投稿日:

40代だけど退職するにも上手い理由が思いつかない」という方に向けて、私が使った辞めやすい退職理由をお伝えします。

まず結論ですが、「会社にはごくごくプライベートな事情を伝えるのがいちばん効果がある」ということです。

 

私は40代に入って仕事を三回も辞めています。一度は倒産リストラなのですが、残りは自発的に辞めたくなって離職。

今回お話する退職理由は、ブラック経営のスーパーと、その後に就職したマーケティング企画会社での退職で使っています。41歳、43歳と2回も使ったのですが、当時は理由作りに悩みました。

 

この年齢で辞めるには、何か理由があるのだろうと突っ込まれるからです。だからこそ、ごくごくプライベートな伝え方が必要になりました

ただ、スーパーはブラック企業でしたし、マーケティング業は向いて無かったという・・それだけ。20代の若者みたいですが、「もう無理だ」と思い辞めたかったのです。

40代の退職は、引き止められる前提で挑まなければいけない

40代という年齢は、色んなしがらみがあって辞めにくいですよね。今の20代くらいなら、「若いからすぐ辞める」で終わりそうですが・・。私たち40代が退職を希望すると

  • 今からの転職って大変じゃない?もう少しだけ頑張ってみたら?
  • 40代で再就職を考えるなら慎重になった方が良いよ

といった具合に、経済的な事情も踏まえて足止めされやすくなります。私は、上記のどちらも経験済み。企業側も、引き止めやすい口実がありますからね。

そこで使いたい退職理由が、冒頭で述べた「ごくごくプライベートな事情」。ぐだぐだ言うよりストレートに伝えた方が辞めやすくなるのでぜひ参考にしてください。

 

じぶんではなく、家族におけるトラブルが起こっている

まず、「本人が会社を嫌っているので辞める」とか「やりたい仕事が別にある」という話は避ける方が良いです。なぜなら、「本人の理由」は相手も引き止めの余地を想像するから

逆に、会社に取って関係ない第三者の問題が入っていると、納得せざるを得ない状況が生まれます。それが私でいうところの「家族の問題」です。

 

よくありますが、「親の介護が必要で・・」なんて話は代表格。

でも、親が元気だと嘘をついてやめるようで・・と使えない理由になってる人もいますよね。だからこそ、家族という「枠」で考えるのです。

 

私は妻をダシにしました

例えば私なら、ブラック経営のスーパーで働くことで家の手伝いが出来ず妻に負担をかけ続けていました。そのため、妻もそれなりに疲れていてサポートをしたいなと思っていたんです。

もちろん、妻はバリバリ元気ですよ(笑)辞めたい理由は、私がブラックスーパーを去りたいだけ。ですが、本心を言えば会社に「労働環境を改善する」など言い出されかねないし角も立ちますよね。

 

だからこそ、妻をダシにしています。もちろん、本当に妻も大変そうだったので、まるまる大嘘をついている感覚ではないのがポイント。事実レベル、辞めて仕事を変えたことで私に余裕も生まれたわけですから。

こういう使い方をすれば、「ウソをついている」という罪悪感からも逃れやすいですし、物事がストレートに伝えられるのです。プチウソという感じがいいでしょう。

 

「仕事が大事なのは分かっているのですが、今は仕事より家族を大事にしたい」

こういうことが言える理由を作る方向を模索する感覚です。

 

家族が抱える問題を「誇張」すれば、退職理由はいくらでも作れる

他人の家の問題って、ものすごくプライベートな事情で踏み込みにくいんですよ。むかしに比べて、「他人の家庭環境を聞くのは失礼」という風潮を利用していくのです。

私自身、「やはり家の問題だから」といえばそれ以上は根掘り葉掘り聞かれることは無かったですね。

  • 妻が体調不良でサポートしたい
  • 子供が荒れていて向き合う時間を取りたい
  • 親が病気で倒れている
  • 祖父母の介護をする人間がおらず、世話になったじぶんがしばらく助けたい

 

こんな小さな問題ってどこの家庭にも生まれやすいですよね。特に40代の私たちになると、何ごともないまま生活できることも少ないはず。

そういう時に、何か問題を誇張気味に使えばいいということです。ウソでもないですし、何か後に問題が無かったことが分かっても、「あの時は大変でしたがお世話になりました」で済む話

 

もちろん、私も最初はそのまま辞めたい意思を伝えていたんですよ。それでも引いてくれない時に、「実は大きな声では言えないのですが・・」と切り出しました。

すると、かなり効くのでこれはイケると2回も使いました。言い方ひとつですが、使い過ぎないようにスムーズな退職理由を作られることをオススメします。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代のスムーズな退職法
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.