40代の転職をラクにする思考法

「40代で転職すると年収ダウン」は本当?私が陥りかけた減収心理

更新日:

こんな40代転職は年収が下がる」という話をします。

20代や30代と違い「40代からの転職は年収が下がる」という世間的な風潮がありますよね。「年齢の壁」といった言われ方もします。私も40歳を超えて転職をする際に、年収ダウンが気になりました。

 

ですが、年収ダウンが起こるのは「40代だから」という年齢の問題では無いんですよ。多くの人は、常識や世間の声に惑わされているんです。

周りの声に騙された人は、基本的に年収が下がると思って間違いはありません。つまり、じぶん次第で年収アップ・ダウンは選べるということ。

 

気がつきにくい人間心理にも関係しているので、40代で年収が下がると思い込んでいる方ほど読んでみて下さい。

「年収が下がる」と思い込んで転職していたのが、私の最大の失敗

私は40代に入って3回転職しています。1度目はスーパー、2度目はマーケティング会社、3度目は今の職場。

そして、私が陥ってしまった減収は2回ありました。スーパーとマーケティング会社ですね。それもそのはず、転職活動の初期から「年収は下がって当たり前」という考えで行動していたからです。

 

40歳まで勤めていたスーパーが廃業倒産とは言えリストラ。崖っぷち状態なので、次のスーパーに「昇給アップを望むなんておこがましい」という感覚で面接してもらっています。

2度目のマーケティング会社も、40代なのに短期で仕事を辞めた人間が「給料を望んではいけない」という心理で働き始めます。つまり、年収アップをする気すらない状況。

 

これだと、どこの会社からも足元を見られますし、「この人材なら給料アップの要求は無い」と思われて当然。

下がることを前提に受け入れた40代は、こうやって給料減の道に行くしかないんですよね・・

 

しかし、3度目の転職では偶然DODAという転職エージェントに頼ったおかげで、相談の中で給料アップを望めることを知りました。これがきっかけで、歩合制ながらも過去最高の収入で働けているわけです。

これらの出来事こそ、「転職で収入が下がる」と思い込んでいる人に知って欲しい心理状態と言えます。気持ち次第で上を目指せるし、ダメだと思えば下がって当然というのが会社なんですよね。

 

年収は、働き始めてから分かるものではない

そもそも、「転職して年収が下がった」というのは可笑しな話だとお気づきでしょうか?少なくとも、事前に求人票はチェックできますし「全く転職先の年収が分からない」という状況はありえません。

面接の場で「おおよそ○○万円くらいになる」という話をされるはずですし、仮に言われなくてもそこで「お金の話だから」と詰めて話せないなら基本給や昇給率はあやふやなまま。

つまりは、「何もわからないまま働き始める人の方がレア」ということです

 

給料というのは、「下がった」という表現をする前に、「下げてしまった」という意識で向き合うことが重要。私は転職エージェントのアドバイザーさんに、給料の部分を企業側と詰めてもらいました。

じぶんで言うと角が立ちますし、言わなければ言い値で働くだけでしたので。私の性格上、お金の話をズバズバと面接の場でするのは苦手なので、DODAを通して転職することになったのは助かったと言えます。

 

私の場合は、エージェントでたまたま「年収の増減に関わるやり取り」ができたのですが、この出会いがなければまだ年収ダウンを起こしていたはず。

事前にわかる年収情報は、手にするに越したことはありませんよ。年収ダウンする心理が強い方は、転職エージェントや派遣会社で仲介してもらい、仕事を紹介される方法を目指せば交渉もできるので諦めないで下さい。

 

私はじぶんが転職して給料が上がったので、DODAをブログではオススメしております。「交渉したもの勝ち」という現状が、社会にはあると知るべきという話でした。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代の転職をラクにする思考法
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.