40代の転職コラム

40代で転職して良かったと思う「仕事以外」への好影響3つ

更新日:

40代で転職するか迷い悩んだら、仕事以外への影響も考えよう」という話をします。

転職は人生における小さな出来事では無いですよね。特に40代になると、人生の中でも大きな決断になるはず。少なくとも私は、迷って悩んだ結果に転職をしてきました。(繰り返しもどうかと思いますが・・)

 

悩む理由には、「給料が下がるかもという不安(参考:年収を下げない転職法)」や「40代からのキャリア形成は難しいのでは?」といった仕事上の問題が大きくあったからです。

こう考えると、一歩二歩と出遅れてしまい最悪は「転職はやめよう・・」ともなりがちですよね。

 

しかし、私はいち40代転職の経験者として断言します。転職は「仕事以外」にも好影響を与えるということを。同じように、転職に迷い悩む方の後押しに経験談を書いておきます。

40代の私に転職が与えた影響は「仕事以外」の部分が大きかった

私は、年齢的に転職することに抵抗はありました。時にはブラックスーパーで働き、時には合わないと思いながらマーケティング会社で働いたり。この年齢だと、「我慢こそが美学」とも思いウツになりながらも続けるべきかと悩みます。

でも、ここを我慢して働いていたことで仕事だけでなく、日常にも影響を与えていたんですね。それは、「じぶんが我慢して働けば問題は済む」と思っていたことが、悪影響を出していたということ

 

これは、転職後にふと気づくと巡り巡って好影響を手にしたときに気づいたんです。転職しないままだと、悪影響しかなかったなと。

転職で仕事の問題に向き合うのは大事ですが、「仕事以外」にも目を向けるとスムーズに転職していたかもと思うほど。3つにまとめました。

 

① 家族との時間が取れるようになった

40歳でリストラ後、私は家族のために必死に働きました。しかしブラック企業や、合わない仕事をしているので、自然と家庭での私は死んだような状況。

ウツ傾向になると、妻はもちろん子供たちにも関心が持てなくなったりしました。これは、家族がいらっしゃらない方でも、親や兄弟といった人間関係に興味を示せなくなることなども考えられます。

 

事実、私は悩みながら働いていた時期は、本当に家族や親はどうでもよくなっていました。会社が苦しく、年齢的に40代とは言えどまだまだ先は長い。

「このままでは・・」と時には、死にたくなるほどメンタルを追い込まれたこともあります。仕事を苦に自殺するニュースなどが、本当に他人事と思えない恐怖感。

 

ですが、今の仕事についてからはこういったことが無くなりました。仕事という生活の軸が整ったことで、家族や親や友人に意識が再び向くように改善されたのです。

「仕事の問題を・・」と考えてしまうと、じぶんが我慢すればいいという思考になりがちですが、こういう「仕事以外の面への影響」も考えることは重要だと気づいたのが大きな収穫です。

 

② 残りの人生に毅然と向き合えるようになった

また、20~30代のころよりも残りの仕事人生を意識するようになるのが40代。しかし40代とは言え、今後のことを考えると定年なんてありませんよね。少なくとも私は60歳になっても働くつもり。金銭的に苦しいので(苦笑)

そういった状況が待っている中で、我慢して働いていて何かあったとしても、軌道修正が難しいです。40代より50代転職の方が不利なのは言うまでもありません。

 

もし、ここで決断していなければ「あの時(40代で)転職しておけば良かった」と後悔することも十分に起こりえます。私は転職して良かったと思っているので、そう考えられるのかもしれませんが。

いつまでも、モヤモヤと「今の仕事を変えたい」と抱え込むよりは行動に移した方が、その結果を受け入れられるんですね。上手く行こうが行かまいが、毅然と自分の人生を生きているという感覚が持てると経験から思うのです。

 

③ じぶんに合った仕事は、何歳になっても見つけられる自信を持てた

さらに大きいなと思ったのは、転職したことで自信を持てたことです。

今までは、転職することをネガティブに捉えていた私ですが、年齢がたとえ40代であろうと願えば必ず手に入ると思えるようになったこと。

 

「じぶんに合う仕事・職場は存在しない」と思っていた過去の私からは考えられない話です。「40代だから転職は上手く行かない」という不安を克服したとも言えます。

もちろん、転職して失敗することもありますが、私はこれから50代になって嫌な仕事の環境になったとしても、ひっくり返す自信がある

 

転職におけるノウハウは培いましたし、それをサポートしてくれる転職エージェントDODAなどいくらでも頼れる場所があることも学びました。(参照:44歳で決まった転職)

この不況時代、いつ首を切られるか、仕事を失うか分からない時に、この自信を持てたのは最大の利点かもしれません。

 

おそらく、ここをお読みの40代の方で転職を迷われている方も不安なはず。「仕事だけ」で考えると、今のところで我慢する道もありますが、私のように仕事以外への好影響も考えの1つに入れることをオススメします。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代の転職コラム
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.