40代の転職をラクにする思考法

転職アドバイザーが女性だと就活のやる気UP【妻には内緒】

更新日:

転職アドバイザーが女性の場合、やる気をもらえる」という話をします。

妻には絶対に内緒の話なんですが、私は44歳の当時とてもやる気に満ち溢れる機会がありました。40代半ばで仕事も無く落ち込む中で、ある女性と出会ったからです。

 

それは、転職エージェントDODAで担当してもらった女性。年齢は聞いていませんが、ぱっと見27歳くらいと若い。話している内容や業務から、実年齢は30代前半くらいでしょうけど。

とても美人&聡明な方で、当たり前ですが私よりも雇用情勢に詳しい。話していても、がっつり仕事探しの話にならず、趣味や興味の話をしながら求職できました

 

この体験から思うのは、40代男性は「若い女性アドバイザーを頼るのも手」ということです。なぜなら冒頭に書いた、妻に内緒にするほどのやる気UPになるからです。

40代男性は「女性」に相手をされると癒される

40代にもなると、男性が若い女性と話す機会なんて無くなるんですよね。会社内に若い子がいれば話も出来るでしょうけど、仕事の最中だと大した会話も出来ず。

私のように既婚者になれば、さらに話しかけていたりすることに違和感も出てしまいます。でも男ですから(笑)ちょっと若い女性とお話をしたくもなるもの。

 

そんな中で、一定期間とは言えキャリアアドバイザーが女性なら楽しい時間に変わります。シンプルに癒しがありますし、妻のような圧迫感のある話し方もしません(苦笑)

特に、私が「ああ・・この女性に担当してもらえてやる気が出るなー」と思えたのは以下3つ。

 

① マネージャーに応援される野球部員の気持ちが分かる

私を担当してくれたアドバイザー女性は、何かと応援をしてくれる方でした。応援をしてくれるエージェントさんが当たり前ではあるのですが、女性ならではの励ましがあるんですね。

当時44歳を迎えた私は、「早く仕事を探さないと」という焦りだらけ。全く結果の出ないじぶんに嫌気がさしていました。しかし、彼女はアドバイスを兼ねた応援の仕方が良い。

 

「ダンディさん、ここを乗り切ったら楽しくなってくるのでファイトですよ!(ガッツポーズしてくれる)

 

ふつう、こんなこと男性アドバイザーならしてくれないですよね(笑)また、彼女が20代後半の若い女性に見えるので、応援されて悪い気はしないのです。

オッサンが気持ち悪いと言われようと、私はこれでニッコリした気持ちで面接にも迎えました。まるで高校野球のマネージャーに励まされる気持ちになったように

 

② アドバイスを素直に受け止めやすくなる

転職エージェントですから、時にはじぶんの意思にそぐわないアドバイスを受けることもあります。じぶんは良いと思って書いた履歴書のポイントを直したり、希望外の求人を勧められたり。

これが同性だと、ちょっと争いでは無いですが個々の主張も入りがち。逆にアドバイザーが女性だと、受け止め方が「そこまで考えてくれているのか!」とポジティブになります。(私だけかもしれませんが)

 

転職に悩んでいる時に、アレコレ横から言われることを好む人はいないですが、こういう時のアドバイスは女性からに限ります。

大事なのは、美人だから話をすべて飲むのではなく、まずは受け入れてかみ砕いてみる。それでダメなら捨てれば良いだけ。私はこれで履歴書の中身を少し変えたこともあるのでいい経験でした。

 

③ 男性のプライドをいい具合に刺激してくれる

DODAに男性のプライドを刺激するマニュアルでもあるのか?と思ったエピソードが1つ。

私が、応募することに悩んでいた際、どっちつかずな返事をしてたんですね。「受けてみるか、今回はスルーするか」という分かれ道。優柔不断で情けないと思っていた時に言われました。

 

「お気持ちは分かります。私も、今やろうと思ってることがあって、やるべきかそれとも控えるべきか悩んでいて・・(笑)迷う時っていちばん大変ですから遠慮なく考えて下さいね」と。

 

この話で彼女が特定されてはいけないので書けませんが、彼女のやりたいことも話してくれたんですね。で、私は彼女の迷いを後押ししました。「迷ったらやるべきですよ」と。

しかも、「私もチャレンジしてみますから」と添えています(汗)これによって、応募へ気持ちが向きましたね。男性のプライドとして、言った以上は背中で示せと言わんばかりのシチュエーションに

 

さすがにこれは偶然の流れですが、女性相手だと「何かしら前向きに動かなければ」とプライドが奮い立つ場面は出てきやすいです。

これらが、私が転職には女性アドバイザーがつくとやる気UPすると主張しているポイント。私はDODAを使っていたのですが、美人コンサルタントは多めとも評判で聞きますね。

 

もし、これから派遣会社や転職エージェントで仕事を探す予定があるなら、女性アドバイザーの評判が多い場所を使うことをオススメします。私もまだまだ男として頑張らねば(笑)

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代の転職をラクにする思考法
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.