40代の転職をラクにする思考法

私の会社がネットで「ブラック企業」と書かれてるが大丈夫な理由

更新日:

応募に迷う企業が、ネットでブラックと書かれていたらどうすべきか」というお話をします。

タイトルだけを見ると物騒な話ですが、何気なくネットで私の勤める会社を調べていると、「ブラック企業」と書き込みされているのを発見しました。

 

内容は、「営業の賃金が出来高にしては安い」、「成果を挙げられなければタダ働き同然」みたいな内容。現場で働いている身としては、確かに出来高ではあるものの書かれている内容ほどの問題があるとも思えず。

私に取っては、別に問題の無いふつうの会社であると感じています。ただ、このネットの書き込みを見ていて思ったのは「ブラック企業」の定義が人によって曖昧過ぎるということ。

 

書き込んだ人はどなたかわかりませんが、「出来高における賃金」に不満を持った人なのは確かでしょう。私は、営業未経験で入ったので出来高の相場を知らないだけかもしれませんが。

逆に、以前ブラックと感じた早朝出勤、遅い退勤のスーパーの方が真っ黒な会社だと言い切れるほど。しかし、このブラック問題。じぶんなりの定義を持てば大丈夫なんです。

じぶんに取ってブラック企業と感じる基準を明確にしておく

40代にもなると、どういう環境がじぶんに都合の良い(悪い)職場か分かりますよね。何に対して理不尽を感じたり、やる気を失うのか。これを明確にしておく必要があります。

私なら

  • 極度な早朝出勤、遅い退勤はぜったいにあり得ない
  • サービス残業はあっても仕方がないが、常態化している会社はおかしい
  • 妻の都合によって早く帰ることも場合によってはできる環境

 

こういったところです。

そのため、ネットに書かれた「出来高の支払いが安い」という問題は私に取ってはほぼ気にならないレベル。成果が悪くても、保証される最低給料があるので不満は今のところありません。

 

このように「独自の線引き」をしておくと、何かの拍子に他企業と比較して「じぶんのところはブラックだ」と騒がずに済みます。

100%すべてが揃った会社など存在するわけがないので、しっかりと前を向いて「じぶんは〇〇の条件があれば大丈夫」と確認しておくことが重要だと言えますね。

 

それにしても、私はどれだけ妻の顔色を窺っているんだという条件ですね(苦笑)

 

第三者が感じるブラックと、個人が感じるブラックを同一視してはダメ

以前に書いた私が利用したエージェントDODAについても言えますが、上手く就職できたことで良い評価をする人もいれば、その逆もいるわけです。

私も44歳と高齢でDODAから良い職場を教えてもらえたので評価していますが、もし上手く行かなかったら「あそこはダメだ!」と言っていたかもしれません。

 

こうやって常に第三者の意見が、ネットには匿名で寄せられ続けることを意識する必要があります。当たり前ですが「個人的な意見」が書かれていると読み取ることが重要。一般論として見てはダメです。

そして、評判の悪いところやブラックと言われる会社は、ネットに書かれる前に潰れているわけですから。私は、こういった事例から情報の鵜呑みは怖いと感じています。

 

特に40代になると慎重になるがあまり、企業を先回りして調べに調べますよね。しかし、そこで「100%いい会社」と褒めたたえられる会社なんて逆に怪しい(苦笑)

まずは、企業にコンタクトを取りじぶんの目で確かめる。これが40代就活の大事な行動です。もし、企業を実際に見た人から直接話を聞きたいなら派遣会社やエージェントを通すのも手。

 

担当者の方は、実際に企業に足を運んでいるだけあって「どんな人材を求めているか」や、「働いている人たちの特徴」なども教えてくれますので。

私も個人的に利用してよかったDODAをオススメしていますので、これもまたネット上にある一つの意見として参考にされると良いですよ。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代の転職をラクにする思考法
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.