40代からの面接講座

40代は応募条件に満たなくても諦めるな【潜在求人から面接へ】

更新日:

40代は年齢的に応募条件に満たなくても諦める必要はない」という話をします。

求人チェックをしていると、「あ~もう少し若ければ応募していたのにな」と思う仕事を見つけることがありますよね。例えばですが、以下のような条件で見つけて諦めてしまうような。

 

  • 35歳くらいまで
  • 業界経験〇年以上
  • ○○業出身の方

このように、せっかく働いてみたい仕事を見つけたのに応募条件が細かく設定されていることは負担になります。特に年齢的な部分で、「これはムリかなー」と私はがっくりした経験が多いです。

ただ、こういった応募条件に引っかかっても「潜在求人」があれば面接してもらえる可能性があるんですよ。「潜在求人」とは、表向きには募集していないけど採用枠が残った状態を指します。

 

かくいう私も、40代就活を始めて2回ほど潜在求人を見つけたことがあります。そこで、潜在求人の見つけ方をまとめてみました。

求人を真に受けたまま諦めてしまうとチャンスはない

私は潜在求人については、30代のころには既に知っていました。勤務してたスーパーには、時々パートのおばちゃんが「パートの仕事はないですか?」と問い合わせがあったので。

正社員の募集をしている時に「パートは無い?」ですから、ふつうならお断りの場面。

 

だけど、タイミングよく人が辞めてしまっていると「電話で聞いてくるほど仕事を探してるなら雇ってもいいかも」と判断され面接が発動するわけです。

人が辞めたのに、補充されるわけでも無く少人数で回っている職場などは多いですからね。というか、人材が足りていない会社は多いですよね・・。

 

正社員募集の求人だけを見て、「パートの仕事は無いな」と諦めてしまえばそこで終了。潜在的に眠っている仕事があるかどうかを聞くことで、意外と仕事を貰えるケースがあるのです。

「募集条件を真に受けてしまう」というのは求職時にありがちですよね。日本人の気質として、ルールを守るのが当たり前という風習も後押ししていると思います。

 

企業も、出来るだけ良い人材が欲しいのでちょっとハードル高めの条件を出していたりするので。

そういう時ほど、「条件とは少しずれていますが、どうしても働きたいので面接だけでも受けさせてください」と頼むと効果的。私も、このパートのおばちゃんを真似て潜在求人を見つけています。

 

履歴書などでも、「40代は提案スタイルで書くべき」と過去に伝えていますが、まさに応募も提案してみることで道が開かれると言えます。

 

企業に問い合わせる時は、電話を使ってはいけない【メールにしなさい】

リクナビNEXT で仕事を探していた時のことですが、「35歳まで」といった求人を見つけたことがありました。事業の内容に、私が関心を持って見てしまったので条件でがっくり。

「過去の業務経験や、業種については問題ないのに年齢が35歳までかー・・」と思ったんですけどね。ですが思い切って、企業サイドに直接メールを送ったんです。

  1. 募集案件を見たことについて
  2. 年齢オーバーしているが働きたいことについて
  3. 年齢をカバーできると言えるだけの経験があることについて

3段階のテンプレになっていますが、まさにこのように書いてしまえば目は通してもらえます。論理立てて読まれることや、メールにしたことで担当者の時間を奪わないことなども考えました。

さすがに電話をいきなり掛けると、もはや無礼のレベルですから。相手に時間を取らせないためにも、ビジネスマナーとしてメールで相談しています

 

こういったやり方で、2回ほど「年齢の壁」を超えて面接を受けさせてもらえました。残念ながら、採用にはならなかったのですが面接に進めたことで「応募して良かった」と納得感もあるんですよ

妻から「もう悔いが無いと思うからさっさと仕事を見つけてよー」とプッシュされるきっかけにもなってるのですが(汗)

 

「嫌だけど選べる応募条件の中からしか探せない」というモヤモヤした就活はしんどいです。40代でも潜在求人を狙う意味は大きいので、ぜひ狙うべきですよ。

 

企業に直接問い合わせしやすい求人サイトを使え

最後に、企業に直接問い合わせやすい求人サイトをお伝えしておきます。これは、大手の求人サイトならどこでも良いと私は考えています。

特にリクナビNEXT であれば、求人情報の最後に「直接のお問合せ」というフォームが用意されているんですね。最初から「問い合わせていいですよ」という姿勢なのでメールしやすい

 

もう一つは、「じぶんから問い合わせにくい」と感じる方向け。

こういった方は、転職エージェントDODAもしくは派遣会社で「こういう人材が働きたがっている」と仲介してもらうといいでしょう。

 

企業もやる気のある人材が欲しいので、少々の応募条件と違う人材でも「そこまで言うなら・・」という気になるのも事実。担当アドバイザーの方に、その旨を伝えて通してもらえることを狙うんですね。

ダメ元の気持ちなので、仮に無理だったとしてもダメージはありません。

 

このように、応募条件だけで求人の切り捨てを行わないことが40代求職には必要です。諦めなければ、必ずと言っていいほど何かしらの手掛かりは掴めるもの。

どうしても応募したいなら、とにかく問い合わせる積極策をオススメして終わります。40代は若者のように受け身では負けてしまいます。先手先手で就職をゲットすべきという話でした。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代からの面接講座
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.