40代からの面接講座

「面接の質問内容」には履歴書から答えよ【40代の採用法則】

更新日:

面接官の質問にあたふたする人は、履歴書に書いたことを言えばいい」という話をします。

40代になるまで、まともに転職などを経験していなかった私は面接で苦労をした苦い思い出があります。上がり症なところがあって、面接での質問内容に上手に答えられなかったのです。

 

いつも、「気の利いたことを言わなければ」というプレッシャーを背負ったり、時には頑張って主張し過ぎたり。でも面接についてエージェントで指導を受けて分かりました。

面接の質問内容には身構えず、そのまま事前に書いてあった履歴書の内容から答えればいいだけだ」と。意外と知らない方も多いのですが、40代で面接の苦手な方こそ知っておくべき話です。

面接は履歴書の最終確認。足りないところは補完的に答えよ

そもそも私は、面接で「良いじぶんをアピールしたい」という欲が強すぎました。40代での転職なので、ちょっと印象に残るような人材であることを伝えたかったんですね。

でも、そういう人材として印象に残そうとすればするほど、質問に対する答えが奇抜になったり長くなったり・・。もう40代なのに、初就職を目指して頑張る20代並みにテンパってる境地です(汗)

 

そんな中で教わったのが「面接は履歴書の最終確認をする場所」ということでした。DODAエージェントの担当アドバイザーさん曰く、履歴書を提出してきた本人の意思や経歴を確認して人材を見る場が面接に当たるとのこと。

もちろんそれだけでなく、書かれた履歴書に不明な部分があれば面接官から直接質問して聞くという具合。実際、「就活面接」と言っても聞かれる質問って同じようなものと感じたことはないでしょうか?

 

つまりはそういうコトです。ただただ、本人の意思確認などを履歴書と相違が起こってないか企業もチェックしたいだけなのです。

私はこれを聞いてから、履歴書に書いた内容からなるべく答えるようになりラクな姿勢で面接に挑めるようになっています。

 

もし聞かれたとしても、志望動機など奇をてらうようなことは言わないこと。変えてしまうと、「この人は言ってることと全く違うことを書いている」と変に思われるだけです。

40代だからこそ、「一貫した主張を意識すべき」ということですね

 

40代だからこそ、履歴書の通りに答えるのが「マナー」

この話を強く40代の方に伝えたいのは、年齢的な問題があるからです。まだ20代くらいだと、落ち着きも無く面接にプレッシャーを感じてしまうことは仕方がありません。

いざ質問されて頭まっしろになって・・ぶっ飛んだことを言ってしまうかもしれませんが、若さゆえの過ちで済むんですね。それが40代ならどうでしょうか?

 

実際、私がやってしまっていたので言えた義理ではないのですが・・(汗)面接で頭が真っ白になって、全く質問にかみ合わない答えを言ったことも何度か経験済み。頼りない人材ですよね(苦笑)そして不採用・・。

これらの体験とアドバイザーさんの教えで「履歴書に乗っ取った答えを使って質問内容に返せばいい」ということを知れました。

 

ブログなので軽く言っているように聞こえるかもしれませんが、超重要なことに違いはありません。ぜひ40歳を超えて就活される方は、面接と履歴書の関係を意識されるといいですよ。

「履歴書どおり」というと、何だかマニュアル人間みたいな違和感もあるかもしれませんが。「大人の意思疎通におけるマナー」と解釈すべきだと私は教わり納得しましたね。

 

おまけ:履歴書を作るには「けいれきナビ」を参考に

履歴書の話ついでですが、履歴書作成における「経歴」の作成が面倒なことは、就活をされている方ならお分かり頂けるかと思います。各企業に提出するために、場所ごとに書き換えしたりと手間は避けられません。

そこでオススメしたいツールが、リクナビの「けいれきナビ」です。「けいれきナビ」は簡単な質問に答えていくだけで、勝手に経歴が作成できてしまう良質なテンプレート

 

数ある経歴テンプレートの中でも、とても活用しやすくユーザーからの評判もうなぎ上りという状況。面倒な手間暇を無くしたい方ほど、利用されてみるといいですよ。

利用料はもちろん無料。リクナビからスカウトメール機能登録をした人すべてが使えます。ネットのハロワと言われるリクナビNEXT なので、試しに使ってみると驚くほど履歴書作成もはかどるようになります。

 

ちなみに、私が面接の練習を手伝ってもらったのはDODAです。アドバイザーさんが頼りになるので、もし面接対策に困っているなら相談されてみてはいかがでしょうか

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代からの面接講座
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.