40代の転職コラム

40代から「好きなこと」を仕事にできる人の特徴【オッサンの夢!】

更新日:

40歳を超えても好きなことを仕事にできる」という話をします。

営業職という仕事柄、色んな方とお会いする機会が多いです。その際に、意外と出会うのが40代を過ぎていても「好きなことを仕事にできた」という方々。

 

私自身が40代から転職をしていることもあり、話題として転職が出てきやすいんですよね。

特に出てくるのが「好きなことを仕事にしたくて、思い切って転職した」という方。ふつうに考えて、「好きなことを仕事にしたい」と40代から思うのは珍しいですよね。

 

しかし、お話を聞いていると「40歳オーバーのオッサンだからと言って、好きなことや夢を諦める必要は無い」と気づきます。今回は、「40代から好きなことを仕事にすることが出来ている人」の特徴をまとめました。

40代からでも間に合う!好きを仕事にできる人の特徴3つ

ちなみに、誰でも好きなことを仕事にできるとは思いません

なぜなら、40代から好きなことを仕事にできた人は一定の法則を持っているからです。以下、3つの特徴を読んで該当する方はチャンスだと思っていいですよ!

 

明確なゴールをイメージしている

これは誰にでも言えることですが、目標を達成するためにはゴールをイメージする必要があります。特に40代で好きなことを仕事にしようとすると目標設定は重要

この間も、飲み会で話していた取引先の48歳の方から次のような話を聞きました。

 

「42歳で今の仕事(プログラマー)に就きたいと目標を持ちました。若い頃からの夢だったので諦めきれなかった」と。

若い頃は「やりたくないことを頑張るのが社会人だ」と思い込んでいたと言います。同時に、「プログラムは難しそう・・」とチャレンジすることもなかったとのこと。

 

その結果、40代まで我慢して働いていたそうで・・。そこから「やっぱりやりたいことがある」と明確にゴールを持ったのは大きいと私も感じました。

好きなこと・やりたいことって漠然と思うだけでは近づいてきません。こちらから近づくイメージを持つって大事ですよね。

 

ゴールに向かうために実行することを怠らない

また、目標というゴールを設定するだけでは意味がありません。目標を持てた40代の方が、そこから好きなことを仕事にしていくには実行しなければいけません。

私もふつふつと、「マーケティング企画はじぶんに合わない」と思いつつ動かなかった時期があるので分かります。何でもそうですが、ゴールに近づくためには行動が必須。

 

  • スキル・能力を磨く勉強をする必要があれば頑張る
  • 未経験・初心者から応募できる仕事ならまずは履歴書を出す

 

こういった行動に移せる人が、どんどんチャンスを手にしています。大きな分かれ目として、この行動が出来ない方は40代という年齢にかかわらずチャンスは手に出来ていません。

ここをお読みの方も、「40代だけど転職をしよう」と動いているからこそ読んでいるはず。「転職したいな」だけでは、調べたりすることすらやりませんから。

 

20代だろうと40代だろうと、けっきょくは「動いた人材が好きなことを手にすること」に変わりはないんですよ。

動け!動け!と前向きにトライする姿勢は誰にでもできる事ではないですからね。

 

諦めるまでの期間がふつうより長い

また、成果が出るまでに挫折しそうになるのも事実。私自身、45歳で就職する段階では仕事が決まらず焦っていました。「もう営業希望を諦めて、適当な就職をしようか」とも思ったほど。

妻からもプレッシャーをかけられていたので本当にきつかった(苦笑)

 

でも、私を含めとにかく粘っている人は希望するところにたどり着きやすいです。先ほどお伝えした42歳でプログラマーを目指した方も、勉強してプログラミングを覚えることの難しさに挫折しそうになったとも伺っています。

それでも、仕事を終えた後に毎日勉強を重ねておよそ3年。形として使えるようになったので、企業に採用されたと聞きました。

 

働きながらという道なので、かなりしんどい時間を過ごしてるんですけどね。

ふつうなら諦めそうなところを継続したのは事実です。諦めることを知らない40代の強さを聞けたと感じましたね。

 

まとめ  積み重ねによって、目標は実現する

今、やりたくも無いことを仕事にしてる方って多いと思います。

私も、仕方なくやっていた仕事をいくつか経験していたので・・。しかし、今にして思えば「やりたいことや、好きなことに向き合うことを面倒がった」のがいちばんの原因だったとも思うんですね。

 

若い頃は、「じぶんには才能が無い」と考え、40代になれば「年齢的に無理だ」と何も動かない。こういった考えだと、結果的に動かない言い訳だけを並べる人になるんです。

小さなことを積み重ねる作業は面倒です。ただ、その作業の「積み重ねが結果に繋がる」ということを考えるきっかけになれば、私も書いた意味があるというもの。

 

たとえば、すでに能力としては「好きな仕事には挑戦できる」のに動いていない人などは、やってみる価値はあります。

「勉強から」となるとハードルもありますが、「動けばいいだけ」なんてラッキーチャンスなんですから。40代という年齢がネックなのは、じぶんで年齢ハンデを作っているからです。

今は、40代転職も珍しくない時代。職場に黙って就活したって、誰にもばれないんですから。1度きりの人生、好きな方向に進めた方が幸せだと思いますよ!

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代の転職コラム
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.