40代のおすすめ転職法

さっぱり採用されない40代は「転職エージェント」に相談すべき

更新日:

40代になって企業に採用されなくなったら転職エージェントに頼るべき」という話をします。(関連記事:40代からの転職経歴)

43歳で私はマーケティング企画会社に転職しました。しかし、過去に培ったスーパー勤務のノウハウが全く活かされない事態に。マーケティング企画は対面販売ではないので苦戦したということです

 

前職のスーパーではこんなことはなかったのですが・・。40代の私を尻目に20~30代の若手たちが伸びていくため、43歳で再就職したじぶんが情けなくなる日々でした。

そんな状況から仕事へのやりがいを失い、思った給料も稼げず・・。子供の将来の学費など不安でいっぱいに。これからの人生や収入を考えた結果に、妻に相談して44歳で転職を決意しました。

面接にも進めない44歳の就活

44歳からの転職なんて上手く行くの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、私は40代になってブラック企業のスーパー、マーケティング企画会社と2社に採用されたことで自信を持っていました。

妻からは「根拠なき自信を持ったオッサン」となじられますが(笑)

 

世間的に「40代からの転職は難しい」と言いますが、私が実際に新聞広告やリクナビNEXT から転職していたのは事実。44歳なので、まだまだ50歳も遠く余裕だろうと高を括っていましたね。

ところが、ちょうど頼りにしていたリクナビでタイミングよく希望する仕事が無かったこと。また、ハローワークにある企業では面接すら受けさせてもらえない状況に陥りました。

仕事をしながら求職活動ができなかったので、私は辞めてからの活動だったのです。

 

「面接にすら進めないのが44歳転職の現実なのか・・」とここに来て不安になります。だけど、妥協したくはありません。「面接にさえ進めるなら、可能性はあるのに・・」と友人に相談しました。

すると、友人から勧められたのが「派遣会社」や「転職エージェント」へ登録することでした。これらの会社の特徴は、個別に担当者がつき希望の職につけるようにアドバイスしてくれる求人斡旋システムです。

 

派遣会社、転職エージェントは44歳の私でも使いやすかった

友人のアドバイスを受け、さっそく近くの派遣会社に登録。同時に、転職エージェントへの登録も済ませました。44歳を迎えている身ですから、わらにもすがる思いです。

実際に利用してみると、派遣も転職エージェントも使い方は似ていました。シンプルな利用法で、登録後はこちらから会社に出向き、ヒアリングと相談結果によって希望を出せるんですね

 

44歳の私ですが、とても対応を丁寧にして頂き、とにかく希望を伝えました。まさか40代中盤で相談しながら転職を考えるなど思ってもいませんでしたが。

特にDODAのアドバイザーさんは親切な対応で、こちらの要望を聞き取ってくれた上で数社の仕事を提示してくれています。紹介される職種も偏らず、選びやすさがありました。

(といいつつ、私は対人系のスキルが必要な仕事がメインで紹介されています)

 

けっきょく元スーパー勤務で対面販売が得意だったということから、販売と似た営業職が条件面で整っていました。

あえて文句をいうと、少し自宅から距離はありましたが・・。営業にしては固定給も良く対人相手に働けることで納得。見事に、再就職までこぎつけることができたというわけです。

 

転職エージェントに相談して良かったところ

最後になりますが、なぜ派遣・転職エージェントを使うと就職を決めやすいのか。良かったところをポイントとしてまとめておきます。

相談することが重要なのですが、自力では思いつかないようなことを、ズバズバ教えてくれるというのは非常に大きいです。ハローワークなどで自力で就活していた時には、まったく気がつかなかったのですが。

 

どうやら、私が不採用を連発していたのは企業攻略のポイントを押さえないまま、履歴書を作ったり面接をしていたからだと判明。

派遣にしろ、エージェントにしろ彼らは直接企業まで足を運び、企業担当者とコンタクトを取った上で求人を出しています。そのため、ウラ事情も含めてよく企業の要望を知ってるんですね。

そのため、求職者とのミスマッチが起こらず紹介を受けられる仕組み。面接まで進めなかった私も、エージェントを通して推薦されて就職活動が前に動き出したということです。

 

「この企業は、○○な部分をアピールすれば採用されやすい」など情報をどんどん教えてくれますから。

私が転職活動をしている間に45歳になっていましたが、DODAに出会わなければもう少し遅い就労になっていたかと思います。最悪、就職ができていなかったかも・・。

 

実際40代も半ばになると、自力就活がキツイと感じる人もいるはず。そういう方こそ、派遣会社でも転職エージェントでも相談付きの求人サービスに頼るべきです。

私が活用したのはDODAですが求人数も豊富なので、もし近くにあるなら一度でも相談してみることをオススメします。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代のおすすめ転職法
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.