40代の転職コラム

営業部長、年収850万だってよ【高収入転職はむしろ40代で】

投稿日:

高収入を目指すなら40代で転職を行うべき」という話をします。

9月から職場の営業部長が交代しました。前任の部長は出世して本部で働くことになったからです。そして後任の部長(45)が、なんと意外にも・・転職してやってきた新任部長。

 

現職場内の誰かが選ばれると思っていましたが(私は関係ない)、新しく採用するとは思っていませんでしたね。しかも40代という年齢で、いわゆる高収入を狙ってきたようです。

ですが、40代転職ではこういった役職狙いで転職している人は多いんですよね。実は前任の部長も、別の会社から転職してきていきなり部長をやっていた方なので。飲み会で聞いて驚いた記憶があります。

 

営業部長クラスは年収850万ほどになると聞いていますが、同僚たちと話していると「むしろ高収入を狙うなら40代転職がベスト」と思ったのでまとめておきます。

高収入転職を目指すなら「40代」で行うべき理由

「40代転職だと不安定になるから不味いな・・」と考えてしまう人は多いですよね。私も40歳で倒産リストラ後に、何度か転職したので分かります。

ただ、これは就労に困るパターンの転職だったから危ないというだけの話。私のようなタイプではなく、むしろ40代でバリバリ稼いでいたりキャリアがある人ほど転職に向いているんですよね

経験が積まれ、実績を持ってのアプローチが40代なら可能ですから。

 

プロ野球のFA制度を見ていると分かりますが、1億の年俸でプレーしてる選手が移籍でいきなり2億(2倍)貰うこともあります。これは自社(チーム)内での評価と、他社との間で評価が変わるからですよね。

今回やってきた新任部長も、これまでの実務や経歴がウチの会社にあっていたというだけの話。転職していきなり年収850万というポジションについたのも、会社に求められる能力を全て持っていたからでした。

 

ちょうど40代と言えば、ふつうに働いていれば成熟期です。一通り業務を経験して、管理職にもついている頃合い。年齢的にも、年下の部下を指導することに違和感もありませんから。

そういう意味でも「職場を変えて収入を増やすなら40代で行う方が良い」というのはわかりやすい話だと思います。同僚たちがなぜか管理職の給料に詳しいのは、経理の社員と繋がっているからだそうです(笑)

40代で高収入転職するために向いている求人サイト

もし40代で高収入を目指そうとするなら、ハイクラス向けの転職サイトを利用されることをオススメします。管理職を始めとした、過去の仕事からの経験が活きる前提で仕事を探すことが重要ですからね。

お勧めはリクルート社の「キャリアカーバー」となります。オススメできるポイントは以下3つ。

 

年収600万円以上の求人は1万件を超える

年収600万円以上の求人が主に並んでいるのですが、10,000件を超える仕事が存在します。しかもスカウトを行っているヘッドハンターも約1,000名いるため、登録した人材を丁寧に見ているのが売りです

スカウトメールが届くのですが、まずは登録しておくと良いでしょう。

事業所まで足を運ぶタイプの求人サービスでは無いので、ネットへの登録だけで完結してしまうのも大きな魅力となっています。

 

レジュメ登録をしておけば、ヘッドハンターが代わりに仕事をピックアップしてくれる

簡単なレジュメ登録(約5分)を終えてしまえば、あとはヘッドハンターがレジュメを元に仕事を探してくれます。もちろん、全て匿名なので大事な個人情報が求人企業に漏れることもありません。

たった5分の登録だけという、高収入の仕事を探すハードルが低いのは有難い話

 

非公開のハイクラス求人に出会うチャンス

 

高収入=ハイクラス求人になるため、人によっては「どこで探せばいいの?」と迷われているはず。しかし大手求人サービスのリクルート株式会社のサイトだけあって、非公開となっている求人がとても多いです

経歴を見たヘッドハンターからのスカウトも、表には出ない仕事を中心に提示されるので高収入を期待したい場合は可能性が広がります

 

40代転職も二通りあって、私のように一般的な仕事を探す人もいれば、高収入を目指す転職もあるということが勉強になりました。

私も妻から「早く少しくらい役職についてお給料増やしてよ」なんて言われ耳が痛いですが・・頑張るしかない(汗)

高収入を目指すならキャリアカーバー

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代の転職コラム
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.