40代から転職できる業界

IT業界でウツになった友人が転職した「自販機の補充スタッフ」の話

更新日:

デスクワークは煮詰まってウツになる」と言ってIT業界を辞めた友人の話をします。

私はスーパーなどで肉体労働をメインに働いていたので、正直デスクワークが羨ましかったので彼の決断には驚きました。

 

友人いわく、「確かにデスクワークは肉体的には楽」というのですが、作業がはかどらない時などに詰まってストレスが酷いようです。

結果的にウツになり、そのまま辞めて別の仕事を探していたところ「自販機の補充スタッフ」を見つけての就職。40代でも始められると聞いたのでまとめておきます。

けっこう若いお兄ちゃんの仕事かなと思っていたのですが、私共のような中年スタッフも多いとのこと。「40代にこそむしろオススメしたい」と言っていたのは意外でした。

自販機の補充スタッフの業務内容

  • 勤務時間 8:00~19:00(残業込み)
  • 休憩 昼食1時間
  • 月収21万円くらい(地域差あり)

こんな勤務形態で働いているそうです。意外と朝が早いなと思ったのですが、休憩が1時間ほどキッチリ取れるのは助かるとの事。

運転して移動するので、それも含めればそれなりに体力の回復が可能と言っていました。

40代のオッサンなので、商品の補充作業が肉体に厳しいかと言えばそうでもないと言います。彼の場合、デスクワークからの肉体労働なので心配はあったようです(笑)

 

「自販機の補充業務はブラックだ」というネットでの書き込みなどを見ることもありますが、どんな仕事にでもある範囲のキツさと言っていましたね。

ルートを回って補充はもちろん、売れるために考えて並べる必要があったり。

 

書店やスーパーなどで、売れるように工夫を凝らして並べますが、販売戦略もしなければいけないのがミソなのでしょう。

私も自販機はよく使いますが、よくよく考えてみるとキレイに並んでいることに気づかされました。うーん・・確かに、知らず知らずに買ってるけどポップが入ってるものとかありますもんね。

 

自販機への補充業務の良いところ・悪いところ

「ウツ病でも働けるのか」と聞くと、彼なりに補充業務の良いところがフィットしたようです。

身体を動かすことが嫌でなければ、ウツでも大丈夫だと。

 

良いところ

  • マイペースで作業を行えるところ
  • 肉体労働は頭脳労働よりも健康にいい
  • 残業代も支給される

一人仕事になるので、思っていたよりマイペースで働けるそうで何より。もちろん、1日に決められた台数の自販機を回らないといけないので休憩しまくりはムリなようですが。

身体さえ動かしていれば、ウツになることもないので健康には良いと言っていましたね。ITをしていたころはサビ残だらけの会社だったそうですが、今は残業代もしっかり払われるとのこと。

 

テキトーに時間を稼いで残業代を貰っていると、残業代の支払い率が高いスタッフとしてマークされるのでわざと遅く働くのはダメと言っていました。

そりゃ残業しないように頑張るのは当たり前ですよ(笑)

 

悪いところ

  • 慣れるまでは筋肉痛との闘い
  • 夏場はかなりしんどい
  • 自販機を使われているとイライラすることも

やっぱりか・・と思ったのは「慣れるまでは筋肉痛との戦い」になるそうです。体力が元々ある男性ならいいのですが、彼のようにデスクワーク1本だったらキツイようですね。

今は慣れて筋肉痛も減ったそうですが、日によって頑張りまくった時には腕がパンパンになることもあると彼。

 

何となくわかったのは、夏場はかなり忙しいという話。売れるところだと、すぐ無くなっているので仕事量がハイペースになると言います。

「売り切れ」の表示で買う気が無くなる自販機もありますが、確かに機会損失が大きいですよね

 

ちなみに、補充に到着した際に自販機を利用している人がいるとイライラするそうです。「お客さんだから待たなきゃだめだろ」というと、たまに10分くらい自販機前でたむろする主婦層&子連れがいるそうで。

「それは大変だな」としか言えませんでしたが・・(笑)

 

40代から始めるには、それなりに向いてる自販機スタッフ

売り上げなどで手当てがUPすることもあるようで、頑張るためのモチベーションやインセンティブが整っているのは転職向きでしょう

40代で彼が採用されているのも大きなところで、運転さえできれば問題ないのも魅力的。

私も営業をしているので、売り上げアップがモチベーションになる仕事と聞いて興味は湧きました。肉体労働は苦手なのですが、こういった仕事もあるのだなと。

 

コカ・コーラなど大手からの委託業務なので、必然的に大手へ就職したようなものになるのも安心材料になります。気になる方がいれば、リクナビNEXT DODAで探されると良いですよ。

求人も比較的出ている仕事なので、今働いている場所が苦しいなら検討されてみることをオススメします。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代から転職できる業界
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.