40代の転職をラクにする思考法

40代からの転職は「努力の方向性」ですべて決まる【再就職の成功論】

投稿日:

40歳を過ぎてからの転職は、”努力の方向性”が結果を左右する」という話をします。GW明けの就活にもすぐ活用できるよう書いてみます。

 

これまで私自身の40歳以降の転職歴を紹介してきました。その中で上手く行く転職、行かなかった転職。どちらもありました。詳しくは過去の記事を参考にして下さい。

ブラックスーパーマーケティング企画営業職と3回も40歳を過ぎての転職。これらの転職を振り返ると、私の40代就活の成功と失敗がすぐ分かるのです。

 

それは、転職をするための「正しい努力」があったか無かったか。転職は20~30代の方なら少々のことでは問題なく雇われるようですが、40代にもなると厳しいと言われがち。

しかし、それらは「正しい努力」を行えていないから起こることでもあるんです。正しい努力と言われてもピンとこないかもしれませんが、「努力の方向性」と言えばいいでしょうか

私自身が陥った経験から解説させて頂きます。

「がむしゃらに頑張る就活」は、44歳の私に取って典型的なミス

私は40歳で会社が潰れたため、転職活動を余儀なくされました。その後、40歳・41歳と2度転職をしたのですが何とか転職を決められました。

しかし、思うような仕事暮らしを送れず44歳という年齢にしてさらに転職を重ねようとしたのですが・・。ここで上手く転職が進まない事態になりました。

俗に言わせてもらうと「40代での再就職は厳しい」という状況なのかもしれません。

 

がむしゃらに頑張って、次から次へと応募先を探す日々。「いいな」と思えば問い合わせて書類を送る。それにも関わらず、面接にすら進めない。

「こんなに頑張っているのに!なんで面接にも進めないんだ!」というやるせ無い気持ちになる日々。妻からも、「早く仕事を決めて」とプレッシャーはかけられますし・・(汗)

ですが、まさにこれが「努力の方向性」を間違えていたのです。

 

この時には、友人に相談して転職エージェントで面倒を見てもらう方向に進みました。そこで就職することになったので無事に問題は解決。

振り返ると、問題は年齢ではなかったと気がつきます。何でも「40代だから就職が厳しい」と決めつけるのは、就活という現実から逃げているような物

 

主な私の失敗は、次のような職探しをしていたからです。

  • ハローワークや新聞求人を眺めて探す
  • じぶんに興味のある仕事に絞ってネット求人を見る
  • 行動がすべてなので、見つけ次第応募をする

これらは、40代の転職としては当たり前かもしれません。これらをやることが努力だと、私は信じて疑いませんでした。

ですが、結果が出ないところで頑張っても意味はないということもあるんです。

 

「がむしゃらに頑張る」という姿勢を40代くらいの方だとお持ちだと思うんですね。50歳になる前には仕事を安定させたいですし、必死になるのもふつうです。

だけど努力の方向性を間違えば、私のようなロスタイムを重ねる可能性も高くなります。早く就活方法を見直し、友人に相談を乗っていれば・・と当時は思いましたね。

 

「正しい努力の方向性」とは?

正しい就活の努力とは、再就職という結果を出すために必要なことです。求人票を見て応募して、面接まで進んだらオッケーという話ではありません。

40代ですから、仕事をさっさと決めないといけないわけです。

 

なのに、私は面接にも進めないような仕事の探し方を繰り返しました。相手にされないハローワーク通い、好みの求人が無くなっているのに1日に何度もネット求人をチェックするなど。

これらは必死に頑張っているようで、結果が出ない間違った努力をしていたんです。

 

幸いにも友人から教わった転職エージェントで相談をしたことで、「アドバイザーさんから提示される職探し」を身につけて再就職が出来て気がつきます。

「今までの就活は何だったのか」と。

 

これは、派遣会社や転職エージェントが優れているという話では無いんですね。今の段階で失敗が続く転職活動に、手ごたえはあるのか?という話。

私は妻から、「まだ決まらないの?」と言われても「一生懸命に仕事を探しているんだ!」と言ってばかりでした。でも、一生懸命に頑張っても事実レベルで仕事が決まらないことすら見えていない。

 

もっと早くに、就活相談という手法で再就職の道を模索していれば・・と振り返って思うのです。努力の方向性をミスっていたという話。

じぶんに合わないと感じたら、別の方法で仕事を探す。これが努力の方向性を見失わないということだと反省しています。

 

個々によって就活のスタイルは変わりますが、自力がキツイなら派遣会社・転職エージェントを頼る。逆にすでに頼っていて、アドバイザーさんと相性が悪いならじぶんで求人チェックをする。

40代ですから、色々と考えて行動することは可能なはず。

 

「じぶんにとってベストな努力」を行うことで、結果につながるという私自身の体験でした。

もし、自力就活が難しいとお感じの方がいるなら、私のようにDODAなどを活用すれば良い提案を受けられるのでオススメです。

努力はいつも正しい方向へ。これを意識するだけで、再就職への確率はアップしますから。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代の転職をラクにする思考法
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.