40代の転職をラクにする思考法

転職を考えてるけど迷って実行できない40代がやるべき事

更新日:

会社を辞めたくて転職を考えてるけど迷ってしまう

この時期になると、転職経験がムダに豊富な私のところに相談に来る人がいます。リアルでは意外と人の相談に乗ってるんですよ(汗)

 

大抵の人は似たような話で「会社を辞めたい」と「転職したい」がセットになっています。

でも「実行に移す」というのは、今ある環境を捨てるためリスクになるので行動できない。

そこで私自身が「同じ気持ちだった頃に戻るならどうするか」という話をアドバイスとして書いてみたいと思いました。

「会社を辞めたい」と思ったまま続けるのは大きな間違い

前提として、転職を考えているけど迷っている人は早く辞める準備をした方が良いです。経験上、辞めたいと思った職場は結果的に続かないんですね。

ムリして続けるか、好きになるよう努力するかの2択くらいなので。それが出来ないからこそ辞めたいと思っているはず。

 

そういう状況にあれば、迷う時間もムダなので転職する方向で考えるのが建設的。特に40代なら時間的になるべく早く動いた方が良いので。

考えて迷って・・・どれくらいの時間が過ぎているかわかりませんが、もしここを読んだ段階でずっと考えているなら今の環境を継続する事はやめるようにしましょう

 

今までの就活の失敗を繰り返すな

どうも人の転職相談に乗っていると、同じような就活の失敗を繰り返している傾向が見えてきます。

例えば次のような失敗はよく聞きます。

  • 給料が良かったから入社を決めたのに・・
  • 終業時間がホワイトだったから選んだけど・・

 

「待遇が良さそう」といった表向きに分かりやすい条件だけで選んでる方は多いです。もちろん、間違いではないんですが。

これが就活の失敗に繋がっている人も多いので、そういうケースで辞めるならもっと内面的な部分も知るべき。

 

仕事の内容はもちろん、これから働く職場のサービスに興味はあるか」などはとても重要と言えます。

私も40代なのに、マーケティングを安易に考えて入社していましたが。

結果的に「直に人と接することができない」という事で辞めています。もっと人と接する事への興味を重視しておくべきでした

 

考えれば当たり前のことが、入社前の条件だけに意識を向けたせいで失敗した典型例。

私に限りませんが、過去に失敗している事象があるならそこを繰り返さないよう反省したらいいんです。

私はこのリサーチが甘くて、結果的に失敗したので他の人には伝えてますね。よく考え、過去の自分に問いただしましょう。

 

「40代が仕事を見つけるのは厳しい」という固定観念は捨てろ

また、転職に失敗した時は「40代という年齢を不利に受け止めていた」事実もあります。

私に相談する方も40代くらいの人が多いですが、やはり年齢を気にしてるんですね。

 

「40代は転職できるのか・・」という考え方だと、「好きな仕事がしたいとか言ってられない」と勝手に自分を追い込みがち

いえいえ、私の経験でいうなら40代だからこそ戦える土俵があるんです。

少なくとも、年齢的に不利だと負い目を感じればそれだけ下手に出た就活しか出来なくなるデメリットしか見えません。

 

むしろ、これまでの経験を活かして

「就活する前から気持ちで負けない」とか「転職する以上は好きな仕事や興味のある分野で働く」と意気込んだ方が絶対に良い。

もし私が今就職する事になっても、きっと同じことを考えてやると思います。ネガティブにならない方が結果は上手くいくものだと信じています。

ステップアップは40代からでも十分に出来るのですから。

 

「会社を辞める計画」は常にイメージしておくべき

色々と書いてきましたが、あとはマインドの問題です。

「いつか会社を辞められたらいいな」と思っているだけでは、そのいつが来るかがサッパリ分かりません。

よくある話で、「明日から頑張る」に似たニュアンスにも通じます。

そうではなくて、すでに会社を辞めたいと思った段階で計画はイメージすべき

 

イメージがあるだけで精神的なアンテナが転職に向きますし、情報を取るときも全く違う行動を行うようになります。

ネットや新聞の就職コーナーを見て、今の転職情勢が入ってくるなど漠然とでも知ることが出来ますから。

特に深堀していき何をすべきかイメージが重なってくると後がラク。

 

  • 会社を辞めるなら最短でどれくらいで辞められるのか
  • ○○な仕事はどこの求人を調べれば手に入るか
  • 今の職場と同じ不満を抱えないためには

こういう小さなイメージを積み重ねた結果、本番(就活)の際に上手く頭が働くという事です。

少なくとも私が今転職を考えるなら、やはり計画はしっかり立てますね。

 

同じような状況にあり、転職に迷われている方の支えになればと思い今回は書いてみました。

私のブログでも紹介していますが、転職コンサルタントなどに相談すると話は早く進みやすいのでオススメです。

転職を考えた時、行動に移すってなかなかできないんですけどね。背中を押されつつ頑張ってみるのも人生だと思いますよ。

DODAは私も使ってきましたが、相談を親身に聞いてくれるので非常にありがたい存在です。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代の転職をラクにする思考法
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.