40代の転職をラクにする思考法

40代転職は「出来ない理由」を潰していくと成功する

投稿日:

40代にもなると転職するのが大変だ」という認識を強く持ちますよね。事実、若手である20~30代に比べればしんどい部分を感じる事もあります。

それでも私が40代で転職を繰り返せたのは、「出来ない理由を潰し続けたから」です。意外と世の中はシンプルで、この出来ない理由をどう扱うかで変わってきます。

 

私も40代で倒産リストラを宣告されたときは、もう就職なんて出来ない・・アルバイトで今後を生きるしかないと思ったのも事実。

しかしそんなことはありません。

「出来ない理由」を探している40代の方に転職への考え方をお伝えしてみたいと思います。

転職できない理由の潰し方

何ごとにも言えますが、出来ない出来ないと言っていては出来ないままですよね。野球でもバットにボールを当てられないと言っているだけでは三振するばかりです。

そうではなく、どうやればバットに当てられるようになるのかを考える。これがどんな場面でも生きてくるヒントです。

「40代だから転職できない」というマインドも、まさに就活の足枷となってしまうんですよ。

 

40代転職を成功させるためには、まず行動する必要がある

ありがちなんですが、「40代だから転職は無理」と決めつけて動かない人。この手のタイプの方は、まず行動してみる必要があります。

私もですが、40歳になって仕事を探さないといけない段階では「就職できない」と思ったものです。しかしこの考え方が変わって行く事を実感したのは行動できたから。

 

応募すれば書類審査を通過したりしなかったりしますが、それでも面接に呼んでくれる企業さんも出てきます。

そういう行動から得た経験が「あれ?40代と言っても転職はそれなりに可能じゃないか?」と自信になったんですね。20~30代なら何も思わないんでしょうけど(苦笑)

 

「履歴書を送ってみる」とか、「求人サイトに登録する」など何でもいいのでアクションを起こしましょう。

そこから求められていることが可視化されると、転職できないとか言ってられなくなりますので。

40代向けのおすすめ求人ならまとめているので参考にどうぞ

 

履歴書や職務経歴書はまず書いてみる

また40代転職になると「経歴に自信がない」と不安になることもあります。私の場合は、それなりに働いてはいる物のスキルや役職がほとんど無かったので。

応募先に「素晴らしい人材である」という見せ方が出来ないと思い込んでいました。そのため、面倒で書く気が失せてしまったりしたのも事実。

 

しかし、これも書き始めてみると意外と上手く書けるものです。

舐めてはいけないのは40歳まで生きて来た経験。大したことが書けないだろうと思い込んでいる人は、感覚的にまだ若いんですね。悪い意味で・・。

 

若い頃に書いた履歴書の感覚でいるから、大したことが書けないと思い込んでるわけです。40代なら40代なりに言葉遣いも変わっていますし、志望動機も相応の話を書けます。

面白いのは、書いていると徐々に上手くなるという点。書く前は何を書くか悩んでいても、書き始めると「こういう感じで書いた方が良いかも?」と試行錯誤が始まるんですよ。

 

私自身も書き方はかなり工夫してきました。参考にしていただき、ぜひ書いてみるようおすすめします。

40代向けの履歴書

40代向けの職務経歴書

 

40代にもなると「新しい事はできない」と脳内で勝手に処理してしまう

脳の作りも変わっていると思った方が良いです。むかしなら「まだ若いし何とかなるかな?」と思えたことも、40代くらいになると「出来ない脳」になっていたり。

これは単純に歳を重ねたマイナス影響になるんですが、過去の経験からできない理由を探す癖がついてるだけ

 

人は良くも悪くも安定した環境を望むようにできているので、歳を重ねるごとに過去の経験を参考にするようになります。だから経験に照らしただけで「できない」と思い込む。

ですが、別に新しい環境に進む人ことが好きな人ばかりじゃないのは当たり前の話で。やってみないと分からないのが実際の話です。

 

そう考える習慣を持つ事で、出来ないという後ろ向きな理由を潰して行く事ができます。

私も全く畑違いのビジネスに入ってみたりしていますが、考え方の問題だったなと今は思いますよ。

 

「出来ない理由」を抱え込むなら、潰してくれる人と仕事を探す

ちなみに、私の場合は出来ない理由を考えないように工夫したというよりはサポートを受けたから今の考えに至れました。

一人でいると「出来ない理由探し」を続けたと思うんですが、鬼嫁がいるのでそんな簡単に出来ないという訳にもいかず。自然と何とかせねばと思考が切り替わっていました。

 

同時に求人コンサルタントを使っていたので、アドバイザーさんに「40代就活の助言」を受け続けられたのも大きいです。

40代くらいになると、述べてきたように「出来ないかも」と抱え込んで不安になりますよね。そういった時に、職場の情報や面接などで聞かれそうなことを教えてもらえると心強いです。

 

私が使ったのはDODAという求人サイトでしたが、丁寧に対応して頂けるなど相性が良かったですから。

これは個人的におすすめできる求人サービスでした。(DODAを実際に使った感想)

抱え込みを減らして、少しでも出来ない理由を潰してくれる人と探す。40代で転職できるか心配な人ほど、まずは「出来る」と考えて活動することをおすすめしますよ。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代の転職をラクにする思考法
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.