40代の転職をラクにする思考法

私が40代で転職成功したのはリスクを取ったから【お前はいいよなの裏】

更新日:

「転職を成功させるにはリスクを取れるかどうか」という話をします。私は定期的に友人と会っているんですが、ちょっと気になる事を言われたんですね。

お前は40代で転職成功してて羨ましいよ。俺も今の会社を辞めて思ったような職場に入りて~」と。

 

確かに私は世間的には40代での転職に成功していると思います。倒産リストラや転職先での異動を経験しつつ、安定した日々に入れているので・・。(倒産リストラの経験)

ただ、友人は友人で私と同じように40代転職を成功させることは可能なんですね。思ったような職場で働きたい・・と思っているようですが、それは友人がリスクを取っていないから。

 

「40代で転職成功するのは、ほんの少しのリスクをどれだけ取れたかである」という当たり前の話をしてみます。

「お前はいいよな転職できて」と言っている人は、まず先にリスクを取ったか考えて下さい

40代転職をリスクだと思い行動しない人たち

さて、リスクの話ですが私のように40代にもなると転職したくても出来ない人がいますよね。

  • 家族を守らなければいけない
  • 仕事が変わって安定しない場合、転職した意味がない
  • 今の会社には不満があるが、辞めなければ毎月お金はもらえる

こういった感じで、みなさんリスクを考えて転職したいけどしない選択を取っているんですね。私も同じような立場で転職をしてきたのは事実です。

 

せっかく40代で就職できた場所も手放すことがあったりしつつも、それでも希望する環境を求めるリスクを負い転職活動をしました。

もしかすると、失敗して今頃は非正規雇用で40代を過ごしていたかもしれないわけです。

 

それでもリスクを取る行動を起こしたことで、転職を進めてきました。それが今の結果になって表れているだけ。

私も子供がいるので、リスクはかなり気にしたんですが。一生このまま仕事に不満を抱えて生きるくらいなら、「転職してみたい気持ち」に正直になろうとしたわけです。

 

友人にもこの話はしています。

「転職してみたいと思うけど動くかどうかはリスクの問題」だと。ここで動ける人が、結果的にリスクを取れる人として別の成果が得られるというだけですね。

 

人は新しいリスクを取りに行かない傾向がある

今日は転職をリスクと考える人に、転職というリスクを取るかどうかで結果が違ってくると言う話を進めています。

ですが、別にこれは転職に限った話ではありません。

 

仮に今の会社でふつうに働いていても、不安定な状況に変わるかもしれません・・。それもリスクですよね?

たとえば「今年いっぱいで会社が潰れるかもしれない」という状況で働いているなら、それを承知した上で働くリスクを背負っているわけです。(私の会社は実際に40歳の時に潰れた経験あり)

 

不平不満を抱えて我慢して働いていたとしてもリスクです。

せっかく我慢して働いている会社が、我慢に見合っただけの見返り(未来の安定を含む)を返してくれるとは限らない。

 

こういったリスクも、転職したいけどしない人は抱えています。私の友人もこのタイプですし、私も40歳での倒産リストラがなければ動かなかったので。

日々リスクと隣り合わせに生きているけど、こと新しい行動に対してだけリスクを取ろうとしない人は多いんです。

 

しかし転職活動は、とてもリスクの低い行動

最後になりますが、実は転職活動というのはとてもリスクの低い行動なんですよ。リスクを取ったから転職成功したと書いてきましたが、リスクその物で言うとかなり低いです。

なぜなら、転職活動をしたからといって絶対に転職しなければいけないルールはないから

 

多くの人は転職活動を、今の会社を辞めて新しい環境で働くことを見据えて行うんですね。だからリスクに感じてしまうんです。

そうではなく、今の職場と比較した上でそれでも新しい職場がいいと思えば転職したらいいだけの話。

 

一例を出すと、求人アドバイザーやコンサルタントの人と話してみて、今の仕事内容を別の会社で比較してみるんですね。比較だけならリスクはありません。

現職場には秘密で行えますし、同時に別の職場ではどういう評価を得られるか査定を得られるので。何もその先に動かねば問題にならないというだけ。

 

そのため、多くの人が求人サイトを利用する中で

  • 今の職場より給料は上がるのか
  • ブラック環境でサビ残が続く状態から変われるのか
  • やっぱり求人を見たけど今の職場で残った方がいいのか

こういった心の中でモヤモヤする40代の転職願望に、必ず答えが提示されるわけです。転職は難しいと言われたら納得しますし、良い求人が見つかれば儲けものって感覚。

情報を見た上で行動した人はリスクを取った結果が出るんですよ。

 

私だけが上手く40代転職を成功させられたわけではないので、ここをお読みの方も低リスクな行動を取ってみると結果は出てくるはず。

DODAアドバイザーの方などには、私も実際に話す中で仕事を見つけて頂いています。(転職エージェントを頼るべき理由)

 

「転職するか分からないけど相談をするだけ」という行動が、40代からでも希望する仕事に繋がる一歩です。

この一歩をリスクだと思わず、話を聞いてみるだけという感覚で行動できる人には、転職活動をおすすめしておきます。動いた人にだけ違う未来が来るのは確かな事実ですから。

「転職成功してる奴はいいよな」というだけでなく、実際に行動というリスクを取ったか考えてみるといいですよ。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代の転職をラクにする思考法
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.