40代のおすすめ転職法

40代転職で正社員になれない人の特徴と対策【採用担当のアドバイス】

更新日:

40代で転職を考えているが正社員として採用されるか不安

一定の年齢を過ぎると、こういったお悩みから動けなくなる人がいます。私も40代で転職をしているので、切実な問題として直面してきました。

 

しかし、40代で転職しようが正社員として採用される人は、問題なく雇われています

私自身も、この春から人事部で採用担当もしていますが、何となくこの差が分かるようになってきました。

 

なぜなら、就職活動にはすべての就職対策が出てしまうからです。

40代で転職を考えられている方で、「正社員になれないと困る」という方に向けて解説させて頂きます。

正社員採用にならない40代の特徴

まず正社員採用がもらえない40代求職者の特徴をまとめます。こちら、私の会社の採用面接に来られた方のケースを参考にしていきますね。

実際に、正社員として採用されない40代の方なら思い当たる節があるはずなので参考にどうぞ

求人内容を把握できていない

求人の内容把握が出来ていない人は、40代になっても意外と多いです。例えばウチの会社の事務も募集をしていますが、求人説明には「女性中心の職場」と明記されているんですね。

ここで職場のイメージができる方は、女性が多いんだろうなというだけでなく、女性を優先して採用しやすい傾向があると読み解いて応募をしてきません。

 

しかし、実際にこの辺りを読み飛ばして応募されている方がいます。20代くらいの方なら分からなくもないのですが、40代くらいになると読んでおかないといけないですよね。

他にも面接になって、業種レベルで勘違いして応募している事が分かる方もいます。こういった方は、他のところでも同じようなミスを繰り返して不採用になっているかと。

企業側に「求人内容も読んでいない」と思われると、正社員としての採用は難しくなると言えます。

 

履歴書や職務経歴書の書き方が学生レベル

経歴書も必須となりますが、書き方が学生レベルの40代は採用されにくいです。

特に、過去の経験や実績も含めて精査されるため、書き方が常識レベルにないと難しいと言えます。

 

多いのは、学生が書くような内容ですね。

志望動機がどこかの本で見たようなマニュアル的な内容だったり、自分の言葉でまとめていないと分かる内容と言えばいいでしょうか。

学生さんの初就職であれば、こういった初々しい書き方も仕方がないと見られますが、やはり一定の年齢を重ねるとマイナスになります。

 

完璧で誰が読んでも雇いたくなる内容とは言いませんが、せめて客観的な視点で見た時におかしくないかはチェックされる習慣を持つべき

本人の思い込みや、何となく知っている知識で書いてしまわないよう注意してください。

 

面接が受け身で、具体的な質問や要望が無い

40代にもなると、就職に当たって気になる事も増えるはず。

  • 最初は非正規だけど、いつくらいに正社員として登用されるか
  • 会社の給料の仕組みや、報酬について

 

これらは一般的ですが、気にならないという方はいないでしょう。

そこで面接官から「何か質問が無いか」と問われると思うのですが、「特にありません」とお答えになる方もいます。

 

何も言わない方が採用されると考えているのか、それとも本当に何もないのか分かりません。

ただ、とりあえず働いてみて、給料や仕事内容は言われるがまま・・というのも違和感があります。転職する以上は、何かしら要望があるはずなんですね。

40代転職において「何を考えているのか分からない」と思われるのは、マイナスにしかならないので、受け身になり過ぎない面接を心がけて下さい。

 

何が問題で正社員になれないのか分かっていない

本人さんが、なぜ正社員になれないのか分かっていないケースもあります。上記に書いた話はもとより、服装が著しく乱れていたり、雑な態度で話されている方もいるんですね。

こちらとしては、一度きりの面接になるため、特別に注意をしたりすることは基本的にありません。採用担当としては、採用できるかどうかをチェックするだけですから。

 

もし仮に20代くらいなら「その態度はどうかな?」とか、「もう少し丁寧な字で経歴書を書いた方が良い」とおじさんたちなら言うかもしれません。

これが歳を重ねたことで、注意されないということもあるでしょう。

 

誰かに注意されたり、問題点を指摘されなくなっていることだけは意識されるといいです。

「自分を律する」というのは、ある一定の年齢からは特に気を付けて行うべきです。

 

正社員採用になりやすい40代求職者の特徴

ここまで正社員になれないタイプをまとめましたが、逆に正社員としてすぐにでも採用されやすい人の特徴も存在します

読んでみて、自分が出来ているかどうかチェックされてみて下さい。

 

一般的な就職活動の常識を抑えている

当たり前のことですが、一般的な常識を抑えた上で就職活動に挑めている人は正社員採用も決まりやすいです。40代くらいだと、誰でも常識をわきまえていそうと思いがちですが。

述べてきたように、学生時代に就活対策に取り組んでいても、そのまま転職を経験していないと忘れてしまいます。

 

さらに、もう20年も前に行った就職活動とは、転職ノウハウも変わってきているんですね

その際に、何となく常識っぽい振る舞いをする程度では、なかなか実を結ばない結果になりがち。

懐かしいですよね。昔はネットなどは使わないので、とりあえず書類を応募したりと頑張りました(笑)

 

経歴書の書き方は大丈夫かな。面接の受け答えは問題ないかな。このように、一つ一つ丁寧にチェックしながら考えるようにしましょう。

意外と40代くらいの方が、若い世代よりできていないという話はよくあるのです。

 

面接で具体的な雇用条件の話し合いができる

雇用条件については、実際にお話する中で決まる部分も多くあります。

そのため、なるべく面接で具体的に話し合いができた方が良いに越したことはありません。

 

会社によって、大雑把な求人情報を掲載しているところも多いですからね。

ケースバイケースという言葉の通り、企業も各応募者によって雇用条件は微妙に変えています

 

40代くらいになると家族との関係や、必要な手取りはもちろん、試用期間後に正社員登用できないケースについて話し合いが必要になります。

とりあえず受けてみた、採用されるかも。こんな学生気分な就活だと、厳しくなることは前述した通り。

話し合いができる人は、率先して提案したり、アイデアを出すことに躊躇が無い人材にも受け止められるメリットがあるんですね。言えられる話は伝えてしまいましょう。

 

転職エージェントを頼っている

ちなみに、転職エージェントを経由している人材も採用されやすいです。なぜなら、マイナスに受け取られるような言動が修正された状態で応募してこられるからです。

本当は、一人で就活しているとひどい人材だったかもしれない人でも、エージェント経由で就活対策をされると採用担当も分かりません。

 

練習して面接に挑んでいるとは思う物の、振る舞いなどから「常識があるから丁寧に対応できる人だろう」と思ったりするんですよね。本当に見抜けないです(笑)

また、転職エージェントを活用していることで、段取りを組んで就活に挑める人材ということが伝わります

適当に面接を受けるより、計画的な人材だと評価できますからね。

 

今の時代、企業に直接応募される方は、自動車免許取得試験でいうところの当日実技を受けるようなもの。

大半の方は、教習所で事前に実技は済ませて、より採用されやすい準備で挑んでいます。転職エージェントの活用は、準備として有効な手段と覚えておくといいですよ。

 

【参考】私が採用された転職エージェントの魅力3つ

最後に、私が利用して採用に至った転職エージェントを紹介して終わります。

転職エージェントも無数にありますが、私はDODAは使いやすく助けられました。魅力を解説します。

求人数が豊富で、40代向けの仕事も安定して見つけられる

求人数が多いことは魅力の1つです。特にDODAの場合は、他の求人サイトと比較してもトップクラスの数を取り扱います。

そのため、年齢的に仕事が無くなりがちと言われやすい40代に不利がありません。若手向きという括りがないのです。

 

登録後に見れる非公開求人をチェックしていると、選ぶ側に回れているような感覚にさえなるほど

安定して探せないと、年齢で弾かれる不安も出るため、この点は重要と言えます。未経験や無資格者など、幅広い求人があるので私は活用しやすかったですね。

 

就職までのフォローは年齢に関係なく受けられる

年齢的に、一人で何でもこなさなければ・・と抱え込みがちな40代。

ですが、転職エージェントであれば、年齢に関係なく就職までのフォローを受けられます。

 

正社員になれない人というのは、まさにこういったフォローを受けられない人とも言えます。しっかりとした準備を万全を期して行えば、酷い不採用地獄に嵌ることはありません

アドバイザーの方の言うとおりに、就職までの最短距離を目指せばいいのです。

 

ちなみに個々に応じてサポートされるので、若い世代の前で恥をかくこともありません。

若い頃は就職活動も気楽でしたが、40代にもなると腰が重たいですよね。そういったしんどさから、一つずつ負担を降ろす感覚で利用できるのも魅力と言えます。

 

事前に企業側に要望を伝えてもらえる

いちばんの目的は、企業側にこちらから言いにくい要望や、問い合わせをお願いできることです。エージェントを通すことで、こちらが気兼ねすることが無くなります。

「面接で、はっきりとした説明や質問が出来ないといけない」とお伝えしましたが、言いにくいことを言えないのが日本人の弱点・・。

 

この弱点も、転職エージェントに肩代わりしてもらう利用法です

給料の話や、今後の採用方針など自分の口から聞けないなら、誰かに聞いてもらうべき。

エージェント⇔企業⇔自分

 

こういった橋渡し的な機能が、エージェントやアドバイザーに求められることで、一気に楽な就活ができるようになります。

私も採用担当として、エージェントの方とお話する事もありますが、お互いに便利だなと感じている次第です。

 

まとめ

「転職で正社員になれない」と嘆いている40代の方は、今からでも自分の就活を振り返ってみて下さい。

どこかおかしいところがあり、不採用になり続けている原因があるはず。

 

そこで、転職エージェントを利用されると良いのですが、特に以下のような方は使うといいです。

  • 一人で就活するも、何が悪くて不採用になるのか判断できない
  • 企業面接では受け身になるばかりで緊張する

このような転職活動で上手くいかない方は、まずは相談だけでもされてみるといいでしょう。

ひと言だけでも、自分に何が足りないのか教わるだけで、採用確率は上がるはず。

 

かくいう私も偉そうにしていますが、今の会社に入れたのは人材エージェントDODAにお世話になったから。

もし一人だったら、転職で人生が転落していたかもしれないと思うことは今もあります。孤独にならず、誰かに頼る。これが、40代の就活・転職には必要ですよ。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代のおすすめ転職法
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.