採用される履歴書のコツ

その履歴書は読まれるの?40代は志望動機で「〇〇提案」せよ!

投稿日:

40代は志望動機欄で、じぶんが入社後にできる仕事を提案すべき」という話をします。

40代くらいになると、20~30代とは違ったアプローチで企業にじぶんを売り込まなければいけません。なぜなら40代は、若いころと違い経験値が上積みされていると捉えられるから。

 

年齢が年齢だけに、過去に20年近く働いていたことは知られていますよね。そこで何を培ってきたのかを知りたいのはもちろん、プラスαで自主的に動ける人材であることを求められます。

カンタンに言うと、「40代にもなって若手と同じ働き方なの?」と言われないためのアプローチをするわけです。

 

それが今回のテーマである「仕事の提案をしよう」という話。特に履歴書に書いてしまうのがオススメの方法。

実際に、企業に提出する際には「私は○○をやってみてはどうかと提案します」と主張できる方が、採用されるために優位となるからです。私の実際に書いたサンプルもあるので参考にどうぞ。

なぜ、40代の履歴書には「提案スタイル」の志望動機が有効なのか

くどいようですが、40代は若い人材とは違います。そのため、じぶんが出来る仕事に対しては聞かれる前に言ってしまう方がイイ。

20代なら企業側から何ができるのか、得意なことは何なのかを聞かれるのは仕方がないです。何を言えばいいのか分からないし、仕事というものが分かっていませんから。

 

しかし、40代にもなれば仕事という場では何をすべきなのかは分かりますよね。少なくとも言われなくても、じぶんから気づいて自主的に仕事をするスキルが必要。

これらの行動は、入社しなくてもその前段階。つまり履歴書や面接の場でも見せることができます。それが「提案スタイル」で志望動機を見せること。

 

働く上での志望動機は誰でも書けますが、さらに上を行って「入社したら○○な仕事も追加してやっていきたい」と伝えられるのは効果的。

提案することで、自主性は見えてきますし、何より受け身では無いということがわかりますから。

 

私が妻から、度々「言われなくても察して手伝ったらどうなの?」と言われていますが企業も同じ目で見ています。企業が求める自主性を、志望動機に入れることで暗にアプローチをかけるわけですね。

変に志望動機を凝るのであれば、じぶんを雇った後のことを想像させるような提案スタイルを入れてみるべき

 

提案に次ぐ提案ならウザいと思われがちですが、ワンポイントくらいで入れておくなら効果はテキメン。「私が入社したら○○なことも出来る」と投げかけるように伝えるのはアリですよ。

 

では、どのような書き方をすればいいのかを書いてみたいと思います。

私の書いたパターンなので、あくまで読者の方が応募するときには変えて下さいませ。

 

履歴書に書く際のサンプル例

営業職に応募する際の志望動機 (修正前)

私は過去に、接客の面白さを感じながらスーパーで働いてきました。顧客の顔が見える仕事こそが、私に取って面白く素敵な職業だったのです。そのため、対面で人と関わりつつ働ける営業を志望させて頂きました。

スーパー時代は、フロア管理を任されることで直にお客さまのニーズを把握してきました。そういった過程によって、モノが売れていくことに喜びすら感じております。

営業職は職業分野としては別の仕事になりますが、同じくお客さまのニーズを把握できるようアプローチに努めていきたいと思っております。売り込む難しさも、勉強しつつこなしていけるよう頑張ります。

こういうことを、ふつうに書いて落ちていました(苦笑)

実際、私はスーパー勤務までは経験があっただけで営業は畑違いでしたので。それでも、志望動機は考えたつもりでした。

これらを転職エージェントでチェックしてもらい、「提案を入れるスタイル」に変えたのが次の例です。

営業職に応募する際の志望動機 (提案スタイル)

私は過去に、スーパーで働いておりました。当時は、顧客の顔をイメージしつつ仕事に取り組んでおり充実した日々を送っており今も忘れておりません。

その際には、どういった商品配置なら売れるのかや、どんな呼び込みなら売れるのかと同僚たちと研究したことを覚えております。ニーズの把握は必要ですが、やはり個々のスタッフの経験に勝る物はありません。

そのため、周りのスタッフとの勉強や交流も深めて売り上げに貢献していました。これらのことから入社した際には、新人であろうと周りの先輩との情報交換、共有をする場を増やせるよう頑張ってみたいと思います。

実際に、私はこういった書き方を営業職に応募する際には提出していました。

このように書くことで、勉強熱心さは伝わります。何より、「周りと勉強する場を増やしたい」という提案スタイルの意見も書けているので企業としては面白い人材だと受け止めてくれた様子。

 

もちろん、書いたから絶対にやる必要も無いわけです。場の空気を読んで、そういうことがあるなら・・という具合に。提案の効果は、私が実際に採用されているのでオススメできるテクニックです。

「あなたの会社に採用されたら、○○な恩恵を与えられますよ」という提案スタイルの使い方を研究されることをオススメします。全く書いたことが無い方ほど、効果は出てくるので。

 

もし、じぶんで書けない方は、転職エージェントなどでオススメの書き方を教えてもらうのも手。私が使ったのはDODAですが、利用しやすいと思うところがあればそこに頼るといいでしょう。

転職エージェントなら「応募企業別に採用されやすい傾向」を把握しており教えてもらえるので、理解が深まるのでオススメです。

志望動機の書き方1つを取っても、これだけテクニックがあると覚えておくといいですよ。

履歴書・職務経歴書の相談をするならDODAがおすすめ

「応募書類をじぶんで作っているけど成果につながらない」と悩む方は非常に多いです。そういった方に向けても、転職エージェントDODAは力を貸してくれます。

私自身が、履歴書や職務経歴書を添削してもらって採用されたことで、「プロの目」の必要性を感じるようになりました。

もし「不採用が続く理由がわからない」とお困りの方は、就職相談も含めて応募書類の添削&仕上げを手伝ってもらうことをオススメしますすべて無料なので気軽に応募されるといいですよ。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-採用される履歴書のコツ
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.