40代からの婚活

40代男性が結婚したいなら「お見合い相談所」しかありえない理由

投稿日:

40代だけど結婚していない

婚活を頑張ってるけど結果が出ない

たまには結婚の話でも。私の勤務先で44歳の男性が先日結婚の報告をしていました。こう言ってはなんですが、なかなか44歳で結婚を決めるというのは頑張ったと思います。

 

お相手の女性が32歳の女性と若く、写真を見せてもらったら可愛い子。私には妻子もあるので関係ないですが、鬼嫁と比べて・・嫉妬したのも事実です(苦笑)

そんな彼の結婚事情ですが、結婚できるパターンの婚活をしていたからこそ結果という実を結んでいました。なぜなら「お見合い相談所」を使っていたから。

私も40代の友人は多くいますが、結婚できていない人はみんな相談所を使ってないんですね。お見合い・結婚相談所を使うとなぜ結婚に繋がるのか理由を述べてみます。

40代男性にとって「結婚」はかなり頑張らないと難しい

私が思う40代男性の結婚は、とても難しいというのが率直な感想です。先ほど述べた40代の同僚もですが、やはり年齢的なハンデは背負わなければいけないんですね。

結婚に向けて戦う相手が20代後半~30代男性であれば、当然若い人から選ばれて行きます。男性に限らず、女性も若い男性が好きなのは言うまでもありません

 

それにも関わらず、男性によっては「出会い系サイト」で若い女の子にメールを送り続けて結婚相手を探している人もいます。これではさすがに結婚は遠のくばかりでしょう。

婚活イベントにしても、40代くらいになると女性の年齢層も同じく上がってくるため30台前後を狙う男性には厳しい現実が待っています。

この事実を頭に入れた上で、お見合い相談所を利用する必要があるんですね。

 

お見合い相談所はお金で解決する強硬手段になる

若い男性と比べて40代まで結婚していない男性は金銭的に余裕があります。この点を活かし勝負するのは有利な手段。

結婚した同僚も40代でお相手を見つけられたのは、「相談所で無ければ相手にされてなかった」と言っているくらいです。

 

確かに婚活イベントなど1回5000円で参加していれば安いかもしれませんが、若い男性と戦い失敗を繰り返しては意味もなく。それなら、まとめて払って相談所でお相手を探すのが有利と言えます。

私は結婚もある程度の年齢になると「お金で解決」が必要だと考えるんですね。

 

そのため若い男性たちは、お金に余裕が無いので相談所は使わないんですよ。

それに比べて同じ若い人でも女性は30歳までに結婚目標など、若いにもかかわらず子供を生める年齢など焦りから相談所を使っていたりします

この差をお金で埋められるなら十分に活用すべきだと同僚を見て実感しました。

 

「婚活イベント」や「出会い系サイト」は、成果よりも集客重視

また結婚相談所が「成果重視」なのに比べて、婚活イベントや出会い系は「集客重視」になります。

ネット上でも「ヤレた」とか「遊べる」といった下世話な話が多い事が物語っています。同僚の彼も、一応は婚活イベントや出会い系をやったみたいなんですけどね。

 

女性たちも多く利用されているようですが、女性は無料で集められているため「本気なのかサクラなのか分からないような人たちばかり」で成り立っています。

確かに一時的に彼女が出来たり、遊べる関係の異性を作るにはいいかもしれませんが・・。ただでさえオッサン化した40代が相手にされる訳もなく。

 

ムダに集客目的で集められて、成果も出ないのであれば使う必要がそもそも見えません。もし結婚したいなら・・と冷静になって考えるべきでしょう。

 

結婚相談所になると、こういった点では真面目にやってくれます。登録したのにまともな女性がいなかったり、結婚していく人がいなければ風評被害も生まれます。

その結果、重視されるのはいかに成果に結びつくかという話。結果が出るようにサポートされますし、お会いできる女性もみんな会費を払った本気の人たちになるという事ですね。

 

40代男性が勝負しやすい1対1のやり取り

最後は何といっても「お見合い形式」でしょうね。婚活イベントとの違いはここにあると、同僚も言っていました。

婚活イベントは参加しても、周りに若い男性がいると女性はそちらに目を向けるとのこと。30歳の男性と40歳の男性が並ぶと、どちらが女性の気を引くかは明らかでしょう

 

逆に相談所なら1対1で紹介されるので、女性に目移りさせません。別の男性とお会いしているかもしれませんが、仲介した上で話ができる状態にあるのは好意はある証拠。

多人数形式でやり取りしないため、常に目の前にいる男性に集中してくれます。同僚も44歳ながら32歳のお嫁さんをゲットしたのはここでしょうね。

 

熱心で誠実な彼の姿に、お嫁さんも「少し年は離れてるけどいいかな」と感じたそうです。羨ましいですが、それだけ有利な場所で戦った結果とも言えます。

 

結婚相談所は40代男性にとって最後の砦

結婚相談所と聞くと、料金的な目線で考えてしまう男性も少なくないと思います。これは私も分かるのですが、結婚を考えて出会いを求めるとどうしてもお金はいるんですね。

私自身、妻と知り合ったのも、結婚相談所で無かったにしても当時の出会いにお金をつぎ込んだからです。婚活ブームでは無かったにせよ、知人に紹介してもらったり飲み会に参加したり。

男性が女性をゲットしようと思うと、金銭的な負担はどうしても増えると考えた方が良いです。

 

「相談所はお金がかかる」と言っても、若い時代に出会いにお金を費やしたか、それとも今になって少しまとめて払うかという考え方をしましょう。

相談所は述べてきた通り、40代男性にとってはいちばんの婚活舞台。まさに最後の砦とも言えるので、本気で結婚を考えるなら利用してみることをおすすめします

 

年齢的に1歳でも歳を重ねると、どうしても精神的に追い込まれるものはありますから。少しでも早く手を打って行く幸せを掴みとれるよう行動すると良いですよ。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代からの婚活
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.