40代向けおすすめ転職サイト

転職サイトの正しい求人チェック法3つ【使いにくい理由は非公開求人を知らないから】

更新日:

転職サイトを使いたいけど、使いにくく感じてしまう・・」

40代くらいの方だと、世代的にハローワークで仕事を探されてきた人がほとんどですよね。そのため「転職サイトは使いにくい」と感じる方も多いはず。

私も40歳でリストラ後、最初はハローワークに行ったのでお気持ちはよく分かります。昔からあるハロワの安定感には期待しちゃいますからね。

 

でも、ハロワで仕事が上手く見つからなかったので求人サイトを使うことになりました。こういった40代就活者の方は私を含めてより増えているかと。

そのため、「転職サイトが使いにくい」という理由だけでネット求人を避けてしまうと転職市場では不利を受けざるを得ないとも言えます。せっかく就活するなら、正しい求人サイトのチェック法を知り有利に動けるようになりましょう。

転職サイトを「使いにくい」と感じてしまう人には理由がある

私が転職サイトを使いにくいと感じていた時には、とにかく求人サイトに行って仕事をチェックするということをやっていました。何も考えず、ただひたすら仕事を探すわけです。

やらないと恐妻がうるさかったのもありますが・・(恐妻とか言ったら怒られるけど) しかし、こういった「がむしゃらの努力」が首を絞めていたことも事実なんですね。

 

「転職サイトを使いにくい」と感じるには理由がある。この理由をしっかりフォローできる条件、知識があれば恐れるに足りません。

 

① 収入がやたら高く感じて「じぶんには合わない」と感じる

どの転職サイトを見ていても、サイトを開けばやたら収入の高い求人が目に入ります。年収500万~1000万くらいとかですね。もう私みたいな人間には「高っ!」のひと言。

でも考えて頂くと分かるのですが、転職サイトも高収入をうたい文句にしないと転職希望者も集まってきません

 

40代で仕事を探しているのに、低収入な仕事ばかりだとそれはそれで利用する気も失せますよね。

そのため、扱われている求人案内も転職サイト内ではエース級のものを大きく分かりやすいところに張り出しています。

 

一概に「給料が良いから転職する」という選択が良いとは思いませんが、給料を中心に考えている人が多いので仕方がないことでもありますよね。

合わないと感じるのは、こういった背景があることを考えてからでも遅くはありません。DODAなどを見ていると、意外と40代くらいまでなら手が届く仕事が掲載されていますから。

 

② 幹部・管理職候補の仕事が多いためやっていけるか心配

いざ応募しようとした企業が、「幹部・管理職候補」の募集ばかりだと萎えますよね(汗) わたしも40代からの転職なので、求人チェックしているとこの手の求人は気になりました。

でも、取り扱っている仕事のすべてがこういった求人ではありません。あくまで40代くらいの人は、「幹部や管理職で稼ぎたいだろう」という思いがある前提で出されています。

 

家庭を持っていれば家のために、子供の学費のために稼がないといけない。独り身だとしても、老後に向けて稼がないといけない。「人生カネか!(苦笑)」と言いたくなりますが。

もし管理職など役職に就きたくない場合は、目立ちにくい求人をチェックしないといけません。

 

求人サイトの特徴として、登録して非公開求人をチェックすると目立たない求人が一気に増えます。リクナビやDODAといった有名なところでも8割くらいは非公開求人がありますから。表に出ているより、ずっと多くのヒラ求人を見ると安心できるはず

 

③ 大手企業の求人を多数取り扱っていて転職できる気がしない

こちらも同じような理由ですね。大手企業との取引のある求人サイトは、それだけで信頼・信用されている会社とも言い換えられます。私も大手と取引している求人サイトを見るとそう感じます。

だからといって、大手の仕事しかないわけではありません。これは私も実際に登録して分かっていることですが、大手求人ばかりというのも一種の目玉アピール材料。

 

登録してみると、ふつうに中小企業の求人も出てきます。

大手は広告費が打てるので、求人サイトの前面に出せる強みもあるんですね。それを知っておけば必然的に「中小企業で働きたいなら非公開求人を探す」という流れに意識が動きます

 

40代転職は、こういったところで心理的な負担を背負うので知識として持っているかどうかが「大きく結果を左右する」ということでした。

 

まとめ 転職サイトを使いにくいと感じるなら「非公開求人」をチェックしてからでも遅くない

まとめると、「非公開求人を見ることも無いまま表求人だけ見て転職サイト利用を諦めるな」ということです。求人サイトに委縮する人は、登録しないまま表の最高条件をチェックしているからなんですよ。

焼肉屋で喩えるなら、高級肉のチラシを見せられているだけ。店に入ると、ふつうのお肉も置かれているのはわかりますよね。それと同じ理屈です。

 

転職サイトもまずは「表向きの求人なんだな」と知ることで、「非公開も見てみよう」と思えるわけです。

「ここの肉は高いから、安い肉を食べてみよう」と思うみたいな。我が家は、妻の支持でこんな外食ばかり(苦笑)「使いにくい」と感じるのは、ハードルの高い求人しか見れないからだと意識しましょう。

 

惑わされずにサイト内の非公開求人を細かくチェックすると「意外と大丈夫」と感じることが増えます。

こういうことを言うと、「色んな求人サイトに登録するのが面倒」という方も出てきますけどね。そこで私が当ブログでもオススメしている2社を使うと便利です。

 

DODAリクナビNEXT ですが、どちらも10万件を超える求人が溢れているので非公開求人をチェックして損はありません。

その他の求人だと、登録しても少ない非公開求人を見せられることもありますので・・。こういうところも知っておかないと、無駄に登録を繰り返して消耗しちゃいがち。

 

私もDODAの非公開求人から今の営業職に就けているので、まずは非公開求人チェックから始められることをオススメします。

意外かもしれませんが、求人サイトの大半が全体の1~2割程度しか求人情報を表に出しません。残り8~9割の非公開求人を見たことが無い人ほど、その多さに驚かれると思いますよ(笑)

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代向けおすすめ転職サイト
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.