40代からの面接講座

40代での転職なら面接練習はやるべき【オッサンのとんだ赤っ恥体験】

更新日:

40代で転職するなら面接練習は必要」という話をします。

「20代ならまだしも、40代にもなって就活のための面接練習なんて必要ない!」と思っていませんか?40代で転職している私ですが、こんなことを言うには理由があります。

 

と言いますのも、面接を受ける際にとんだ赤っ恥体験をしているからです。若いころに何度か転職はしていましたが、40歳で会社が潰れるまでは長く勤めていたもので。(40歳でリストラ体験)

面接とはまるで無縁な世界にいたので、注意すべき点をかなり忘れていたのです。40代までほとんど転職してこなかった方など、いきなり面接に行って同じようなポカをしないよう、私の経験談を元に注意喚起させて頂きます。

後になって気づいた、ボロ出しまくりのオッサンの面接

私がどんなポカをやらかしていたかというと、「小さな間違えに気づかないまま面接をしていた」ということです。これが20代の若者ならいいのですが・・。

40歳を超えたオッサンである私が、次のようなことを平気で言っていたのです。オッサンの赤っ恥体験として笑ってやって下さい(苦笑)

 

「御社」と「貴社」を逆に使っていた

これは紛らわしいですよね。

何社くらいで言ったか分かりませんが、企業側も冷たいもので誰も教えてくれませんでした(汗)年齢的に、逆に指摘しづらいことだったのかもしれませんが・・。

 

40代の方には説明不要ですが、「御社」は相手企業を口頭で呼ぶときに使う言葉「貴社」は書類関係など書き言葉となるときの呼び方です。

若い時代に比べて、経験もあるし「面接くらいなら卒なくこなせる」と思っていた私が大バカ者でした。1度は練習しておかないと、こんな常識すら勘違いしていることに気づけないので注意です

 

想定外の質問にアタフタしてしまった

そしてこれも何度かあったのですが、私が事前に考えていた質問事例とはかけ離れた質問が飛んでくることもありました。あまりにも突発的だったので驚きましたが。

「ところで、好きなアイドルはいますか?」と聞かれたときには、さすがに焦ってしまいましたね。全く仕事に関係がなかったのですが、何か正解があるのかとアタフタしてしまいました。

 

ちゃんとプロに教わり面接練習しておけば、「意味のない質問も突発的にする会社もある」ということを知っておけたのですが・・。

この場合、答えることが出来なくてもアタフタしないか様子を見られることもあるということを後になって知りました。対応力など、今どきの会社は見てるんですよね。

 

むかしはこんな突発的な質問がされることは無かったと思うのですが、今は時代も変わっているので「就活面接におけるトレンド」も含めて練習すべきだったと反省しています。

これらのことから面接練習は、「確認の意味でも最低1回はやっておくべき」と私は考えます。この歳になって恥をかくとキツイですが、とにかく年齢が上積みされている分だけ後で気づいて悶えました(苦笑)

 

面接の練習にオススメは「企業側の質問傾向」を教えてくれるDODA

私が、今回書いたような間違いに気づくことになったのは、DODAというエージェントで担当コンサルタントさんに面接練習を付き合ってもらったからです。

この時に、「御社」と「貴社」の違いを指摘されて直せました。44歳の時に知ったので、それまでひょっとするとずっと間違い続けていたのかも(汗)

 

もう赤っ恥も良いところですが、私のように勘違いしていたまま面接に挑んで恥を掻いては勿体ない。そのため、少し恥ずかしいかもしれませんが誰かに手伝ってもらい面接練習はやっておくべきです。

「40代なので面接練習なんて必要ない」と思っていても、思わぬところで礼儀作法・言葉遣いなどの勘違いが起こっている可能性があります。これは丁寧にチェックしておくべき。

 

また、企業側から受けることになる質問は、あらかじめ対策してもらえる点でDODAは良かったですね。今の営業職に就いたのもDODAとの繋がりがきっかけなので、先方企業の情報は掴みやすかったですよ。

面接で聞かれそうな質問を教えてもらっておけば、全く無作為な対策をするよりは効率も良いですから。

 

大事なのは、どこでもいいので1回は模擬面接をしておくこと。プロの視点で教えてもらえるならなおよし。

そういう意味では求人案内と面接練習をセットにして、より受かりやすい道を目指せるDODAを私は個人的にオススメしております。

40代の私が実際に利用した求人サイト&転職エージェントまとめ

40代に入って就活に利用した、求人サイト&転職エージェントをまとめました。私が実際に使った上で紹介しているので、参考にして頂ければ幸いです。

DODA

① 「求人の豊富さ」+「経験豊かなアドバイザー」の組み合わせが40代には効果抜群でした。相談できる方がいると、一人で問題を抱え込まずに済みます。

② 「40代の転職者は多い」と聞き励みにもなりました。給料もしっかり保証された求人を教えてもらい、年収が下がる不安を取り除いてもらえました

③ 履歴書・職務経歴書についても、40代転職に向けたピンポイント指導がありました。企業とDODAの繋がりがあるため、企業別に対策してくれます。

 

 

【ひと言メモ】44歳で希望した営業職に採用され、今も働けており大満足の1位です。サイトの雰囲気から多少のハードルを感じましたが、実際に使うと一般的な求人サービスで安心できました。

リクナビNEXT

① 「求人数・業界ナンバー1」の安定感と信頼があります。40代からの未経験・初心者歓迎の求人数を探すならリクナビは外せません。

② 「非公開求人」を利用したかったのと同時に行った、スカウトメールへの登録も利用して良かったです。「スカウト+非公開」を駆使すればさらに仕事の幅が広がります

③ 41歳のころに活用した際には、短期間で3社からの内定が出ました。求人が多いため、状況次第でトントン拍子に仕事が決まる実感を得ています。

【ひと言メモ】40代でマーケティング・営業・ドライバーという3業種から内定が出たのは自信になりました。未経験だったのですがスカウトが来るので面接に行くと、内定が出たのは驚きました。

リクルートエージェント

① 「転職成功実績ナンバー1」と確実なる成果を上げています。実際に使ってみると、確かに仕事が早くスピーディーに提案されます

② 「求人だけのリクナビ」だけでは仕事探しが難しいという人は「アドバイザー」を付けるべきです。リクルートアカウント1つを使いまわせて便利ですよ。

③ こことは別の会社で内定が出たので、登録して相談&お話を伺っただけの利用でした。それにも関わらず、就職を喜んでくれたスタッフさんが気持ちよかったです

【ひと言メモ】アドバイスも的確で、丁寧な対応を受けています。もし利用する時期が違っていれば、リクルートエージェントで就職していてもおかしくなかったと今も思います。

-40代からの面接講座
-

Copyright© 騙されるな!40代転職にはコツがある | 40歳からの就職列車 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.